冷凍式エアドライヤ - アトラスコプコジャパン
アトラスコプコジャパン - コンプレッサ
アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
Power Technique
ソリューション
取扱製品一覧
Power Technique
エネルギー貯蔵システム
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
製品とソリューション
ソリューション
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
ドリル
製品とソリューション
レンタル製品ラインアップ
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション
FX updated cover image

冷凍式エアドライヤのすべて

アトラスコプコの冷凍式エアドライヤ全製品

詳細を問い合わせる

お客様の設備を確実に保護します。

当社の冷凍式ドライヤは信頼性が高く、経済的で、結露を防ぐシンプルなソリューションにより、システムの腐食を防止します。

最小限のメンテナンスで、最大限の稼働時間

当社の冷凍式ドライヤシリーズは、最小限のメンテナンスで稼働時間を最大化し、ダウンタイムを減らして生産コストを削減します。

設置が簡単

当社の冷凍式エアドライヤは、プラグアンドプレイコンセプトの設計により、ユニットを簡単に設置できます。

冷凍式圧縮エアドライヤのエネルギー効率

エネルギー効率は、内部圧損とドライヤの電力消費によって異なります。  

圧損を可能な限り低く抑える

内部圧損は、ドライヤ入口と出口パイプの圧縮空気の圧力差です。
冷凍式ドライヤの内部圧損が低いほど、エアコンプレッサで必要とする圧力が低くなります。また、コンプレッサの消費電力も少なくなります。 

当社の冷凍式ドライヤは、圧損を最小限に抑えるよう設計されているため、エネルギー消費もきわめて低く抑えられます。

 

省エネ冷凍システム技術

運用の最初の1分間からエネルギーを最大限節約

  • 可変速駆動冷凍式ドライヤ 
    圧縮空気流量は、日、週、月の時間ごとに変動し、運転温度も変化します。VSD技術により変動に対応し、部分負荷や作業条件の変更に合わせてエネルギーを節約できます。
  • 高効率のために設計されたコンポーネント
  • 監視および制御システム

冷凍式エアドライヤの仕組み

冷凍式ドライヤは、業界で最も一般的に使用されているドライヤであり、空気/空気熱交換器と空気/冷媒熱交換器で構成されています。熱交換器は内部で水を凝縮することにより、圧縮空気から水分を除去します。これは、圧縮空気システムおよび圧縮空気によって駆動するあらゆる装置を、湿気の悪影響から保護するために不可欠です。

最も重要な基準は、圧縮空気の相対湿度を50%未満に維持することです。


冷凍式ドライヤには空冷式および水冷式の両方をご用意しています。基本的に、ドライヤは、圧縮空気の温度が低下し、湿気が凝縮され、高効率のウォータセパレータにより圧縮空気から排出されるときに、コンプレッサから送られる暖かく湿気のある空気を冷却します。

その後、圧縮空気は、パイプシステムの外側に結露が発生しないように室温近くまで再加熱されます。また、この出入りする圧縮空気間の熱交換によって流入する圧縮空気の温度も低下するため、冷媒回路に必要な冷却容量が低下します。

冷凍式圧縮エアドライヤシリーズ