吸着式エアドライヤ - アトラスコプコジャパン
アトラスコプコジャパン - コンプレッサ
アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
ドリルソリューション
Power Technique
ソリューション
取扱製品一覧
Power Technique
エネルギー貯蔵システム
レンタルサービス
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
ドリル
製品とソリューション
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション
ZR 90-160 VSD+ 3D setup

吸着式エアドライヤ

あらゆる産業用途に対応する2塔式吸着式エアドライヤとロータリドラムドライヤの幅広いラインナップ

詳細を問い合わせる

お客様のシステムと製造工程を保護します

吸着式エアドライヤは究極のエネルギー効率ときわめて低い露点を実現します

幅広い産業用途

露点-70°C/-100°Fで幅広い産業と用途に対応する、吸着式エアドライヤ全シリーズ

お客様の生産を保護します

当社の特許取得済みElektronikon制御および監視システムは、吸着式エアドライヤを継続的に管理し、お客様の最適な生産性と効率を保証します。

吸着式エアドライヤの仕組み

ツインタワー吸着式エアドライヤの作動原理

吸着式ドライヤは、圧力下露点0℃未満が必要な圧縮空気用途に使用されます。再生型の吸着式ドライヤは、圧力容器2塔で構成され、どちらの塔にも乾燥剤が充填されています。一方の塔で圧縮空気から水分を除去します。

湿気を帯びた空気は乾燥剤ベッドを直接通過し、そこで湿気が吸収されます。この塔で水分が飽和すると、バルブが切り替わり、空気が他のスタンバイ塔に送られます。他の塔での吸着中に、最初の塔が再生される、循環的なプロセスです。


乾燥剤が水分を吸収できる容量には限界があるため、乾燥または再生が必要になります。そのために、飽和状態の乾燥剤が入っている塔が減圧され、たまった水分が排出されます。
この仕組みはドライヤのタイプによって異なります。

 

  • 非加熱ドライヤは、圧縮空気のみをパージとして使用します。
  • ブロワパージドライヤは、外部ブロワからの空気、熱、最小限の圧縮空気を組み合わせて使用します
  • ブロワゼロパージドライヤは、外部ブロワからの空気、熱、ゼロ圧縮空気を組み合わせて使用します
  • 圧縮熱ドライヤは、圧縮の熱を使用します
  • 加熱式パージドライヤは、熱と少量の圧縮空気を使用します

 

乾燥剤の種類

技術と露点の要件に応じて、常に乾燥剤の最適な選択肢があり、当社の設計で採用されている複数層の乾燥剤が組み合わせられている場合もあります。この方法により、乾燥剤に必要なPDPレベルを確保し、乾燥剤の寿命を最大限に延長します。

ロータリドラムドライヤの作動原理

構造的吸着式ロータリドラムドライヤ

構造的吸着式ロータリドラムドライヤ

ロータリドラムドライヤには吸着技術も採用されています。乾燥剤は粒状ではなく、ハニカム構造の結合材で接着されています。主な利点は次のとおりです。

  • 乾燥剤ビーズの浸食なし
  • ビーズの漏れなし 

この独自の技術は圧縮熱を利用しているため、追加のエネルギーを必要としません。回転ドラムはセクションに分かれています。一般的に、ドラムの3/4は吸着に使用され、1/4は再生に使用されます。ドラムが回転する連続的なプロセスであるため、切り替えバルブが不要です。

吸着式エアドライヤ全シリーズ