アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
サービス
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
コンプレッサ レンタル
ソリューション
資料
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
サービスおよびパーツ
製品とソリューション
ソリューション
ガス発生装置
Marine compressors
ドリル

弊社の歴史をご覧ください

1873年、スウェーデンのストックホルムに初めてAtlasが設立されて以来、物事は大きく変化してきました。しかし、革新精神に変わりはありません。設立して間もない頃、弊社はSwedish Rail社に、あらゆる種類の設備や機器を、新しい国営鉄道の建設と運用のために供給していました。しかし、1880年代半ばには、蒸気機関やボイラーなどの、より先進的な製品の生産に向けた戦略的転換が始まっていたのです。                

1920年代初頭のシックラにあった技術オフィス

製品群の拡大

製品群は拡大し、1901年には新たに設立された空圧部門でエアツールの量産を開始しました。1917年には船舶用エンジンと定置式ディーゼルエンジンのメーカーであるDiesels Motorer社を統合し、新会社の社名をAtlas Dieselとしました。1920年代にはすべての事業所がストックホルム郊外のシックラに移転され、ここが現在の弊社の本拠地となっています。

Atlas DieselからAtlas Copcoへの社名変更

空圧事業は堅調に推移し続けていましたが、ディーゼル事業は状況が急速に悪化したため、1948年には同事業を断念せざるを得ませんでした。その後、会社の事業を反映して海外の子会社もまとめる新しい社名が考えられ、「Atlas Copco」という社名が選ばれました。これは、ベルギーにある子会社の社名であるCompagnie Pneumatique Commercialeに由来しています。

Atlas DieselからAtlas Copcoへの社名変更
アトラスコプコインド

現在のアトラスコプコ

現在の弊社は、180ヵ国以上の国であらゆる業界に産業用生産ソリューションを提供する、世界有数のプロバイダーです。詳細をご覧になる場合は、専用の社歴サイト (アトラスコプコグループの英語版Webサイトに移動します)にアクセスして、長い社歴の中の出来事や会社の発展をお読みください。