高品質な印刷を実現するオイルフリーエアソリューション

ポルトガルで高い評価を得ているグラフィックアート企業、Lidergraf社は、100%オイルフリーの要件を満たしている圧縮空気、ブロワ、真空の各システムを活用してその製品の品質を維持しています。

真空ポンプ オイルフリーコンプレッサ ブロワ Class 0

圧縮空気とブロワの容量を拡大

ZT 132 VSD FF compressor installation at printing company Lidergraf, Portugal, with Antonio Crespo, Atlas Copco?

アントニオ・クレスポ氏、Lidergraf社のメンテナンス担当

1994年の創業以来、Lidergraf社(本社ポルトガルのヴィラ・ド・コンデ)は順調に国内最大のグラフィックアート会社へと成長し、現在145名の従業員を擁し、年間約2,000万ユーロの売上を計上しています。
Lidergraf社は24時間365日稼働しています。生産需要に対応するため、同社は圧縮空気、真空、ブロワの容量を拡大する必要がありました。Lidergraf社が選んだのは、アトラスコプコの100%オイルフリーの圧縮空気とブロワでした。これらにより、Lidergraf社は高品質の印刷を行うことができます

ZTコンプレッサとZSブロワでリスクを回避

Lidergraf社は、吸着式ドライヤを内蔵した2台のオイルフリーエアコンプレッサ(ZT132VSDFFとZT110FF)、1台のZS55+VSDオイルフリーブロワ、1台のZEオイルフリースクリュ真空ポンプを設置しました。
エネルギー効率の高いドライヤを内蔵したコンプレッサはどちらも、ISO 8573-1 Class 0(2010)認証に準拠した純度100%のクリーンなオイルフリーエアを供給します。これにより、汚染リスク、製品損傷リスク、停止時間による損失リスクすべてをゼロにすることができます。
ZT132VSDFFコンプレッサとZS55+VSDオイルフリースクリュブロワには、いずれも可変速駆動(VSD)技術が採用されています。VSD技術は空気需要に合わせて自動的にモータ速度を調整するもので、平均35%もの大幅なエネルギー削減を達成できます。さらにVSD技術により、全生産工程でエネルギー需要を大幅に削減することができます。


卓越したパートナーシップ

“信頼性、品質、エネルギー効率のすべてにおいて優れている ドライヤ内蔵の可変速駆動コンプレッサです。”

Antonio Crespo, Lidergraf社のメンテナンスマネージャ

Lidergraf社ではZT132VSDFF対象のトータルケアメンテナンス契約を結んでおり、その他の機器のメンテナンスはアトラスコプコの熟練したサービススタッフが対応しています。クレスポ氏は、アトラスコプコの製品とサービスを自信を持って推奨できると述べています。「当社の生産には質の高い圧縮空気の供給が不可欠なので、アトラスコプコとのパートナーシップは何にも代えがたいものです」