ムンバイのSandoz廃水処理場ではエネルギー使用量を最大17%削減

インドのナビムンバイにあるSandoz社の排水処理工場では、ZS VSDスクリュブロワ技術を導入して、二酸化炭素排出量を1.5%、エネルギー使用量を17%削減しました。さらに、騒音レベルを大幅に低減するメリットも得られました。Sandoz社の排水処理工場のエアレーションプロセスは従来型のローブブロワで管理されていました。同社は信頼性の問題に直面したのを機に、最新のスクリュブロワへの移行を決断しました。アトラスコプコのインバータ駆動ZSスクリュブロワにより、信頼性の高いパフォーマンスとエネルギーの節約が保証されました。

ブロワ導入で低炭素経済のニーズに対応

廃水処理 ブロワ Class 0 smart AIR Solutions

Sandoz社ムンバイの廃水処理場のZS

Sandoz社と同様、多くの産業の工程においてエアブロワが導入されています。特に廃水処理場では、曝気用のエアブロワが通常、電気代全体の最大70%を占めます。処理工程で、大量の空気を曝気槽に送り込む必要があるためです。アトラスコプコ最新のZS+シリーズは、エネルギー効率に優れたオイルフリー容積式スクリュブロワで、現在の低炭素経済のニーズに対応するよう設計されています。インバータ駆動技術(VSD)を採用して、実際の使用量に応じて空気出力を調整できるため、圧縮空気需要に正確に対応して、無負荷時のエネルギー消費量を削減します。そのため、エネルギー消費量の大幅な削減につながります。

重要な用途向けの圧縮空気ソリューション

「環境への影響を最小限に抑えるために当社が採用した体系的アプローチは、当社の進展に大きく貢献しています。当社の廃棄物管理戦略は、処理、焼却、廃棄の前に廃棄物の発生を防ぎ、その量を抑えて、リサイクルするというものです」と、Sandoz Pvt. Ltd.のエンジニアリング部門アシスタントマネジャーNitin Chaudhari氏は説明します。「当社が有言実行を貫く上で、排水処理工場は非常に重要です。アトラスコプコの低圧スクリュブロワのおかげで、当社はエネルギーコストを削減し、効率的な工場操業を維持するための重要な一歩を踏み出すことができました。」