アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
Process gas and air equipment
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
相手先ブランド製品製造会社
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション

圧縮空気を改善維持しましょう

あなたの圧縮空気システムの空気品質をいかにして改善維持するか

詳細はアトラスコプコにお問い合わせください

あなたの圧縮空気システムの空気品質をいかにして改善維持するか

圧縮空気・ガス協会(Compressed Air and Gas Institute)によると、圧縮空気システムのメンテナンスが十分でないことが約32億ドルもの余分な光熱費や非効率性の原因になっています。圧縮空気システムの空気の質を維持すると、時間とコストの節約になります。しかし、新しいフィルタやアフタークーラを設置する前に、あなたのエアコンプレッサの具体的なニーズを理解することが重要です。

圧縮空気システムに関する共通の問題

固体、液体、ガス蒸気はすべて、圧縮空気システムのスムーズで効率的な運転に影響を与えます。特に、微粒子、ドレン、潤滑油の汚染が原因で発生する共通の問題があります。

微粒子

空気中には粉塵やその他の小さな固形物質が存在します。これは通常の環境に大きな影響を与えることはありませんが、圧縮空気システムの効率を低下させ、基準を満たさない性能につながる可能性があります。微粒子を実際に見るのも簡単ではありません。人間の目は、約40ミクロン以上の厚さの粒子しか見ることができません。例えば、人間の髪の毛1本の太さは50~70ミクロン程度だが、コンプレッサの空気の質に影響を与える微粒子は3ミクロン程度です。1/10ミクロンの微粒子でも、コンプレッサのシステムに悪影響を及ぼす可能性があります。圧縮空気システム内で微粒子同士がくっつくリスクは、場所や使用理由に応じて増加します。例えば、木工所や木工店では大量のおがくずが発生し、小さな粒子が圧縮システムに対して脅威になります。空気圧縮システムのエンドポイントを微粒子がほぼ損傷します。コンプレッサの微粒子量が大きいと必要となる潤滑も増えますが、これはコストがかかるばかりでなく、コンプレッサシステムに潤滑過剰にも至りかねません。

ドレン

圧縮空気システム内の水分は配管を損傷して、システムの効率を低下させる可能性があります。エアコンプレッサが温風(水分を多く含む)をつくり出す際、この空気はコンプレッサを通過すると冷却し始め、水分が蓄積します。水分によってパイプが錆び、システムが損傷して、最終的には故障の原因となります。錆がなくても、水分はエアコンプレッサシステムの効率に影響し、運転費が高くなります。

潤滑の過剰または不足

圧縮空気システムの中には、正常に機能するために潤滑を必要とするものがあります。潤滑剤の量が多すぎる(または小さすぎる)と、システムが破損する可能性があります。また、低品質の潤滑剤を使用すると、コンプレッサのシステムが劣化し、コンプレッサの効率が低下するおそれがあります。潤滑剤による汚染は、食品製造や食品科学、および化学工程の純度が最重要である他の化学系の産業で使用されるエアコンプレッサにとって深刻な問題です。

コンプレッサの汚染がすべてのコンプレッサに影響することがある

グレードの高いエアコンプレッサのほうが経済的な装置よりもパワーと機能性で優っていますが、あらゆるタイプのエアコンプレッサが微粒子、水分の蓄積、潤滑時の汚染によって素材の損傷や空気品質低下のリスクをはらんでいます。メンテナンスを適切に行わないと、クラス最高級のエアコンプレッサであっても損傷のリスクがあります。

空気品質のニーズを理解するためのヒント

では、圧縮空気システムの空気の質を改善するにはどうすればよいのでしょうか?最初にすることとしては、エアコンプレッサに実際どの程度の空気品質が必要なのかを判断することです。フィルタや乾燥装置に費用をかけすぎると余分なコストがかさみ、これらを必要としない部分で効率が低下してしまいます。圧縮空気システムに必要な空気効率を決定する方法は2つあります。

4段階法

米国エネルギー省が提供するこの比較的簡単なガイドには、次のように記載されています。1.プラントエア:産業用製造の装置およびツールに使用。2.計器エア:温度調節、実験室での作業に関連するすべてに使用。スプレー塗装と粉体塗装に使用。3.プロセスエア:食品や医薬品、電子機器のために空気処理。4.呼吸用エア:人工呼吸器、ダイビングのタンクの補充、病院の空気などのための空気システム。このモデルでは、4が空気の質として最高レベルです。

ISO品質クラス

エアフィルタなどの機器も、Air-compressor-guide.comに掲載の便利な表で定義できます。0は最高の品質基準を表します。この表は、粒子状物質やその他の汚染物質を固体、液体、気体(蒸気)に分類したもので、特定のフィルタを特定のニーズに合わせるのに最適です。

特定機器

利用可能な機器を最大限に活用するためには、エアコンプレッサの用途と、フィルタリングを必要とするレベルの両方を定義することが不可欠です。

フィルタ

エアコンプレッサのメンテナンスは、フィルタに関しては厄介です。例えば、クラス2の汚れのフィルタがコンプレッサに供給するのは、その汚れレベルの空気品質だけです。したがって、液体やガスを懸念している場合は、最適でない場合があります。

アフタークーラ

アフタークーラは、空気をエンドポイントに達する前に冷却することで、コンプレッサの後のエンドポイントでの水分蓄積を防ぎます。空気が冷却されたら、水を抜き、圧縮空気を周囲温度に近づけます。アフタークーラには2つの基本モデルがあります。•空冷式:空気だけで水分を抽出するシンプルなシステム。•水冷式:水源が見つかれば、より効率的です。アフタークーラを標準装備しているコンプレッサもあります。

ドライヤ

ドライヤはアフタークーラと同じ問題(水分蓄積)に取り組んでいますが、アプローチが異なります。ドライヤは、圧縮空気がエンドポイントに到達する前に冷却するのではなく、結露が発生しないように露点を下げます。ドライヤは高価になることがあるので、コンプレッサのニーズに合わせて必要なものを選び、システムに合ったサイズのドライヤを購入してください。

クリーンシステムとは品質システム

圧縮空気システムを定期的にメンテナンスすることで、スムーズで効率的な運転が可能になることは間違いありません。しかし、コンプレッサのエアフィルタを改善するために最も重要なことは、コンプレッサのシステムのニーズを理解することと、そのニーズを満たす適切な機器を理解することの2つです。そうすれば、コスト効率が良く、メンテナンスが簡単な、高品質の圧縮空気システムを手に入れることができます。