コンプレッサから回収した熱をどのように再利用しますか?

アトラスコプコへご質問ください

工業用エアコンプレッサの電気エネルギーの80〜93%が熱に変換されることはご存じですか?
適切に設計された熱回収装置は、使用可能な熱エネルギーの50〜90%を回収し、空気または水を加熱するために使用することができます。

回収される熱の主な用途には、
- 補助暖房
- 工業プロセス加熱
- 水の加熱
- ボイラー補給水予熱

熱回収システムは、空冷圧縮機と水冷圧縮機の両方で利用できます。

■空冷式圧縮機で熱回収を利用する

パッケージ化された空冷式回転スクリュー圧縮機は、空間加熱のための熱回収に役立ちます。周囲の大気は、システムのアフタークーラーおよび潤滑クーラーを通過する際に加熱されます。大気は、コンプレッサーを冷却するために使用される圧縮空気および潤滑剤の両方から熱を抽出します。

熱い空気は次の目的で使用できます。
- 暖房
- 産業乾燥
- オイルバーナーのための吸引空気の予熱
- 温水を必要とする他の用途

熱交換器を使用することにより、パッケージ化された水冷往復式または回転式スクリューコンプレッサに見られる潤滑クーラーから廃熱を抽出することができます。熱交換器はまた、温水を生成するのにも役立ちます。

お湯は以下の場所で使用できます:
- セントラルヒーティングまたはボイラーシステム
- 工業用洗浄プロセス
- メッキ操作
- ヒートポンプ
- ランドリー
- 温水を必要とする他の用途

■水冷式圧縮機での熱回収の使用

オイルフリーの水冷式スクリューコンプレッサーは、より高い温度で作動するため、最大限の熱を回収することができます。これらのコンプレッサーを使用すると、ほぼ90〜95%の熱回収を達成することができます。

適切な圧縮空気熱回収システムに投資し、さまざまなアプリケーションで熱を再利用することで、施設のエネルギー消費を削減することができます。熱回収の詳細については、アトラスコプコのSales Engineerにお問い合わせください。

Compressor Technique Service

Oil-free air screw compressor (water cooled) with Energy Recovery Solution ZR 90 FF + ER 650

ERで熱回収