アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
ソリューション
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
軽量建設および解体用機器
取扱製品一覧
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

VSD冷凍式エアドライヤのメリット

VSD冷凍式エアドライヤを使用すると、一定の露点まで除湿して圧縮空気システムの損傷を防ぎ、同時にエネルギーコストを削減できます

エキスパートに連絡する

VSD冷凍式エアドライヤのメリット:省エネと安定した露点

FD VSD features

アトラスコプコによるVSD(および後のVSD+)コンプレッサテクノロジーの投入は業界のマイルストーンになりました。今ではこのテクノロジーは、100~300 l/secのFD VSD冷凍式ドライヤシリーズにも拡張されています。FD VSDテクノロジーは、ドライヤの消費電力をお客様の製造現場における実際の定露点エアフローに合わせるために開発されました。また、圧力損失がほとんどない新しく設計された熱交換器が搭載されています。併せて最大50%の関接/直接エネルギーコストを節約し、二酸化炭素排出量を最小化します。高度な監視および制御を行えるように、FD VSDドライヤにはElektronikonタッチスクリーンコントローラが付属しています。性能、価値、低い総所有コストの面で、比較できるような他社製冷凍式エアドライヤは存在しません。


エアドライヤが必要な理由

FD製品
圧縮空気はコンプレッサから100%飽和して吐出されます。圧縮空気が冷えると水分が凝縮し、エアシステムの損傷やシステムの故障を引き起こし、製造のダウンタイムと高額な修理につながります。

乾燥空気は空圧ツール、装置、および配管を湿気から保護します。湿気は機構を汚し、計器を狂わせ、腐食や漏れの原因になります。また、乾燥空気は製品の品質維持にも役立ち、会社の評判を守ります。

冷凍式エアドライヤの仕組み

アトラスコプコのFD VSD冷凍式エアドライヤは、圧縮空気が空気網に入る前に除湿します。フィルタや分離器はエアフローから水滴を取り除くことはできますが、水蒸気を除湿することはできません。FD VSDドライヤはISO 8573-1清浄等級4に適合し、水蒸気を除湿できます。

第1段階では、圧縮空気がドライヤに入り、空気対空気の熱交換器を通過します。熱交換器は流入空気を事前冷却します。

第2段階では、圧縮空気は空気対冷媒の熱交換器を通過し、圧縮空気の露点を +3°C / +37°Fまで下げます。空気に含まれる水蒸気が凝縮して液体になり、捕捉され、除去されます。

乾燥空気は、下流の配管で結露が発生しないように、空気対空気の熱交換器で温められ、相対湿度が下げられます。

VSDが冷凍式エアドライヤをどのように改善するか

非サイクル冷凍式エアドライヤには独自のコンプレッサが搭載されており、冷媒ガスを液体に圧縮します。従来型のドライヤは、動作速度が固定のレシプロ(ピストン)コンプレッサを搭載し、空気が必要かどうかにかかわらず定速で動いています。一方、アトラスコプコのFD VSDドライヤは、静音でコンパクトなスクロールコンプレッサを使用し、実際の空気需要に合わせて速度を自動的に調整します。

熱質量式(サイクル式)より効率的

熱質量式またはサイクル式と呼ばれる古いテクノロジーでも、冷凍式エアドライヤの効率をある程度上げることはできます。熱質量式エアドライヤは、全開動作と熱質量で冷却する動作を交互に実行します。単純に固定速度(全開)しかないドライヤに比べれば改善されていますが、サイクル式ドライヤは熱質量の冷却にエネルギーを消費するため、全体的な省エネ性はあまり高くありません。

露点の安定性

アトラスコプコのFD VSDの重要なメリットは、周囲の気温にかかわらず、安定した露点まで乾燥された空気です。熱質量式ドライヤでは、圧縮空気の露点が実際に固定速度の冷凍式コンプレッサを始動または停止するインジケータになるため、空気の露点が上下します。この変動により、空気の清浄等級が2つ下がります。対照的に、FD VSD冷凍式エアドライヤは、露点が安定するまで乾燥された、ISO 8573-1の清浄等級4に適合する空気を安定して、しかも優れたエネルギー効率で供給できます

露点の変動

お客様にぴったりのエネルギー効率に優れた空気乾燥ソリューションについては、アトラスコプコのエアシステムの専門家にお尋ねください。