アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

醸造所で発酵段階におけるCO2を回収

醸造 CO2の回収

ビールを製造する際、醸造所では製麦、粉砕、糖化などの全工程を行います。

工程の1つに、酵母の発酵があります。この工程では、低圧コンプレッサが細菌に酸素を供給し、微生物を使ってアルコールを生成します。この工程でCO2が発生し、放出されます。

弊社のCO2回収システムは、このCO2を回収し貯留することができます。ビール100リットル当たり約4 kgのCO2が発生し、同量のビールに炭酸を充填するときに必要なCO2はわずか3 kgであることから、醸造所は、ビール自体に充填するのに必要な二酸化炭素をまかなうことができるだけでなく、他の商業目的にも利用できることが明らかです。 

つまり、CO2コンプレッサは平均して2年で投資を回収することができます。CO2は炭酸飲料、医療、MIG溶接などに使用できます。  

弊社のCO2コンプレッサは、年間5,000万リットルから運転を開始できます。

  • CO2の購買に投資する必要がないため、コストを削減
  • 排出したCO2をリサイクルすることによって、環境負荷を低減
  • 弊社の提供するグローバルサポートが利用可能
  • 約2年後に投資の回収を達成

醸造工程の発酵段階からCO2を回収