アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

メンテナンスオーバーホールで280時間の停止時間が回避されました

ポヴォア・デ・サンタ・イリア(ポルトガル)のSolvay過酸化水素工場では、3年ごとにZHコンプレッサの電源を落としてメンテナンスオーバーホールを行う必要があります。しかし、重要なZHコンプレッサが停止すると生産がストップしてしまいます。そのため、3週間の生産停止が必要なオーバーホールが必要になったとわかったとき、アトラスコプコとのSolvay工場の技術者たちは、そのメンテナンス作業をわずか9日間の集中作業で完了する計画を策定しました。

お客様サポートプラン オイルフリーコンプレッサ Class 0 化学および石油化学

3週間かかるZHのオーバーホールを9日間で完了

Solvay工場で設置後10年経過しているZHコンプレッサには、予防保全契約の一環として24,000時間(3年)ごとに大規模なオーバーホールが実施されます。


省エネと信頼性確保のため設置されたコンプレッサは、定期的な予防保全を必要とします。さらに今回、このコンプレッサのロータのバランスを修正する必要がありました。通常の環境ではこの作業に3週間かかりますが、ZHコンプレッサは生産工程に不可欠であるため、同社にはオーバーオールにそれほど長い時間をかけることができないという事情がありました。

アトラスコプコの柔軟な協力体制、コンプレッサが使用できないことにより当社が被る影響への理解のおかげで、コンプレッサのオーバーホールを記録的な短期間で完了するための計画を立てることができました。

Ramiro Dionísio , Solvay工場のプロジェクトリーダー

間違いが許されない過密スケジュール

このオーバーホールを9日間で完了するためには、いかなる間違いも許されませんでした。作業第1日目、ロータが取り外されるとすぐにゲートで待ち受けていた国際運送業者が、そのロータをバランス修正のためドイツへ輸送しました。
「ポルトガルには、このバランス修正作業をできる業者はいないため、ロータは製造会社に直接送る必要がありました」と、ラミーロ・ディオニシオ氏は言います。
このローターは24時間でドイツへ到着。3日間で作業を完了して、Solvay工場へ送り返されました。
その後、アトラスコプコの技術者2名とSolvay工場の従業員2名により、ローターの再組み立てが行われました。
「オーバーホールの全工程は9日間で完了しました。10日目には、生産を再開している機械のモニタリングを実施しました」と、ディオニシオ氏は述べています。「この機械がさらに80,000時間以上使用できることを期待しましょう」