下流用途向けTシリーズ遠心式コンプレッサ

我社のTシリーズ直接駆動遠心式ガスコンプレッサは、世界で最も条件が厳しい化学および石油化学用途で使われており、ポリプロピレンやポリエチレンなどのポリオレフィンの効率的な処理で高い信頼を得ています。最高の信頼性とAPI 614とAPI 617規格への準拠を実現するために製造されたこのコンプレッサは、プロセス内の40 barの吐出圧力と最大80,000 m3/h(47,086 cfm)の流量に対応します。

詳細を問い合わせる

プロセスに合った構成

Tシリーズ遠心式コンプレッサは、お客様のプロセス要件と現場の条件に合わせてカスタマイズできます。最大40 bar(580.2 psi)の吐出圧力と、最大80,000 m3/h(47,086 cfm)の流量に対応します。また、安全なシャットダウンのためにキルガスタービンと組み合わせて使用されます。

最高効率設計

我社の直接駆動Tシリーズコンプレッサは、サイクルガスコンプレッサ兼メインループコンプレッサとして使用できます。このコンプレッサは独自のオーバーハングデザインと、オープンインペラに対するインレットガイドベーンの配置により、優れた効率を実現します。

実績のあるコンポーネント設計

我社は製造に関する専門知識を持っており、ハイレベルな空気力学性能と機械的信頼性を実現しました。インペラ、ケーシング、ガイドベーン、シャフトシール、ギア、ベアリングなどの重要コンポーネントは、実地試験により確立された設計によって支えられています。圧縮段全体は、重合を防止するように設計されています。

漏出が無い設計

我社のドライガスシールは、タンデム構成で使用できます。ダイナミックガスシールは、慎重な扱いが必要な用途でオイル潤滑シールの代替になります。

可変インレットガイドベーン(IGV)を使った完全なプロセスコントロール

パージされた可変インレットガイドベーン(IGV)により、プロセスに関するコントロールの幅が広がり、最適な流量を得ることができます。特に、現場での条件に変化があり、迅速な調整を行わなければならない場合に有効です。

Tシリーズ遠心式ターボコンプレッサの技術説明

我社のTシリーズ直接駆動遠心式ガスコンプレッサは、現場における何十年にもわたる信頼性の高いパフォーマンスと、100を超えるプロジェクトから得た経験に裏付けされ、世界で最も条件が厳しい数々の用途で使用されています。ロシアから中東、その他の国々の複雑で厳格なポリプロピレンおよびポリエチレンプロセスで、最高のコンプレッサ効率と堅牢性を発揮しています。

API 617とAPI 614に準拠

Tシリーズ遠心式コンプレッサは、最大40 bar(580.2 psi)の吐出圧力、最大80,000 m3/h(47,086 cfm)の流量に対応します。次のような実績のあるアトラスコプコのテクノロジにより支えられています。

  • 可変インレットガイドベーン(IGV)
  • 高効率クローズドインペラ
  • 高速軸ベアリング

Tシリーズコンプレッサは、オイル潤滑システムの代替として、最先端のドライガスシールを備えています。その安全に関する優れた信頼性は、API 617とAPI 614規格に準拠した、アメリカ石油協会(API)認証によっても立証されています。また世界中の我社の専門スタッフは、お客様のプロセスに応じて(あるいはAPIや地域の安全規格に適合するように)、ターボコンプレッサをカスタマイズして、運転の安全性と効率を向上させることができます。

  • Centrifugal Compressor Brochure 3.5 MB, PDF
  • Driving turboexpander technology brochure 971.9 kB, PDF
  • Adding value through Aftermarket services brochure 649.3 kB, PDF

製品技術仕様

性能データ

最高吸入圧力

40 bar(a)

最高吐出圧力

40 bar(a)

サクション温度

-40 °C - 150 °C

吸気流量有効範囲

15,000 m³/h - 80,000 m³/h

圧縮段 (最小/最大)

1 - 1

シールタイプ

dry-gas

必要電力 HP

10,000 HP