マスタコントローラで圧縮空気システムを最適化 - アトラスコプコジャパン
アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
ドリルソリューション
Power Technique
ソリューション
取扱製品一覧
Power Technique
エネルギー貯蔵システム
レンタルサービス
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
ドリル
製品とソリューション
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

マスタコントローラで圧縮空気システムを最適化

機器の制御を自動化してエネルギーを節約し、CO2排出量を削減

お問い合わせ

圧縮空気システムを最大限に活用しましょう

調整されていないエアシステムにより、エネルギーを無駄にしていませんか。当社の中央コントローラはお客様の圧縮空気システムを調整して、効率と省エネを最適化します

Loading...

省エネ

マスタコントローラにより、お使いのコンプレッサが効率よく連携され、安定した圧力を確保して、エネルギーを節約します。定速、VSD、遠心式コンプレッサおよびブロワなど、あらゆるタイプやブランドの機器を制御可能です。

稼働時間の延長

当社のマスタコントローラを使用すると、負荷が機器間で均等に分散されるため、摩耗が均等化されます。さらに、マスタコントローラと連動するコンプレッサとブロワでは、負荷/無負荷サイクルが低減され、可能な限り低い圧力/流量で稼働するため、機器寿命が延長されます。

常に接続

設備管理には常にリモート監視が必要なため、分析して改善に利用される情報を機器が送信できなければなりません。これは、機器が接続されている場合にのみ可能です。当社のマスタコントローラは、ローカルエリアネットワーク(LAN)またはクラウドベースの監視システムを介して、最大限まで接続性を確保します。

中央制御装置なしで複数のコンプレッサを稼働させるとどうなりますか?

当社の中央コントローラを使用しない場合は、空気需要の変化に対応して、各コンプレッサの負荷/無負荷圧力を設定する必要があります。システム圧力が低下すると、追加のコンプレッサが負荷運転に切り替わります。ただし、シーケンスは常に同じであるため、所要以上の圧力になります(圧力が高いほどエネルギーコストが高くなります)。さらに、VSDまたは遠心式機器の利点が十分に活用されないことになります。

コンプレッサの負荷分散はどのように行われますか?

当社の中央コントローラは、コンプレッサの不均等な摩耗を防止し、複数の機器間で稼働時間を均等化して、より効率的なサービススケジュールとコスト削減を実現するように設定できます。さらに、VSDと遠心式機器は可能な限り最適点で作動します。

マスタコントローラで圧縮空気システムを最適化しましょう

効率、信頼性、接続性がすべてです。当社の装置は以下を実現します。

  • 圧力と流量の設定値を満たしながら、ISO50001に準拠して圧縮空気とブロワシステムの動作を最適化します。
  • エネルギーを最大限まで節約し、機器を良好なメンテナンス状態に保ちます。
  • 機器を監視して、問題が発生する前にメンテナンスを実施し、ライブデータを視覚化して、エネルギー節約KPIによる会計を実現します。

アトラスコプコのマスタコントローラ

  • Optimizer 4.0:コンプレッサのエネルギー性能を最適化し、CO2排出量を最小限に抑えて、ローカルおよびオンライン接続のメリットを最大まで高めます。インダストリー4.0に対応し、スマートファクトリー向けに設計されています。
  • Equalizer 4.0:圧力幅を下げ、稼働時間を均等化し、コンプレッサを継続的に監視して、エネルギー消費量を削減します。

詳細については、今すぐアトラスコプコ担当者までお問い合わせください

Optimizer/Equalizer Product Image

お客様事例