Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

コンプレッサシステムの評価や監査は必要か

Installing an Air Compressor Compressor Installations How-To Compressed Air Wiki Compressors

エネルギーのコストは過去数年間で大幅に上昇しました。このため多くの企業は自社の圧縮空気システムのコスト効率を疑問視するようになり、設備や施設内の空気消費量を抑え、エネルギー効率を高める方法を探しています。効率性向上の方法を見つけるには、システムに対して評価や監査を実施する必要があります。両方の選択肢を検討し、所有しているコンプレッサに適しているのはどちらであるか考えてみましょう。

コンプレッサの評価と監査の相違点

コンプレッサシステムの評価または監査

一般的に、この2つの最も大きな違いはコストです。圧縮空気装置の簡単な評価は無料です。一方、詳細な監査は、施設の規模や求める結果によっては、数千ドルのコストがかかり、完了するまでに数週間から数か月を要することがあります。空気の監査はコストがかかるため、企業は躊躇しがちですが、最終結果は初期投資をはるかに上回る場合があります。重要なのは、エネルギーコストの削減の他に、生産全体の効率性向上により損益に良い影響を与えることも評価と監査のメリットであると理解することです。すべての施設で圧縮空気の徹底した監査や空気のスキャンを実施する必要はありません。簡単なウォークザライン評価でニーズを満たし、エネルギーを大幅に削減できる場合もあります。ニーズに最適で満足のいく結果が得られるのはどれかを理解できるよう、すべての選択肢を確認してみましょう。

ウォークザライン(圧縮空気の評価)

圧縮空気の評価は、ウォークザラインとも呼ばれ、圧縮空気システムの現状を理解する方法として、最も簡単で経済的です。このタイプの監査はハードウェアや特殊なロガーを使用せず、圧縮空気装置の販売員が行なえます。この場合、供給側、コンプレッサ室、需要側、生産現場を目視でチェックします。目視によるチェックは、コンプレッサ、ドライヤ、フィルタ、凝縮ドレン、配管システムとその構成の検査などを対象にします。

このような評価のときに、圧縮空気装置の専門担当者は、負荷/無負荷期間のテストを実施して、装置の効率性と使用状況を迅速に見極めることができます。効率化とエネルギーコスト削減に最適なソリューションを特定するために、総合的な監査が必要なことが、評価の結果から判明する場合があります。簡単な評価で潜在的なエア漏れや誤った配管構成が見つかったり、エネルギーコストを削減するための推奨圧力調整が得られることもよくあります。圧縮空気装置のほとんどのメーカーは、施設側がシステムの効率性と有効性を調べられるよう、圧縮空気システムの評価を無料にして利用しやすくしています。圧縮空気評価の主な目的は、システムの全容を把握し、多少の調整を必要に応じて行なって効率性を最大限に高めることです。

空気の監査とデータのログ

データのログ

圧縮空気システムの全容を把握するには評価で十分なことがほとんどです。しかし、評価によってさらに空気の監査が必要なことが判明することがあり、そのときにはデータのロギングを実施します。空気の監査では、データロガーを使用して電流(アンペア)を測定して、対象システム内の圧縮空気使用状況の全容を把握します。必要な情報を収集するために、データロガーとエアコンプレッサを少なくとも7~14日接続し、通常の平日と週末における傾向および需要変動の観察と記録を実行します。監査の結果は、期間中の圧縮空気の使用状況を知り、空気需要のピークと谷を特定し、システムの全体的な効率性向上の方法を見極めるうえで役立ちます。

さらに、空気の監査のデータから、現在のニーズに適したサイズのエアコンプレッサの特定や助言を得ることが可能になります。システム内の需要変動が大きい場合は、可変速駆動(VSD)エアコンプレッサがソリューションとして提案されることがあります。VSDエアコンプレッサはエネルギーを最大限に削減しながら、圧縮空気システム全体の運転を最適化します。エアコンプレッサの適切なサイズを知る以外に、空気の監査によって漏れが、特に夜間や週末の生産を停止している時に見つかることもあります。エア漏れやエアコンプレッサのサイズによっては、排気される圧縮空気のコストは1年間に最大数千ドルにも上る場合があります。場所や地域によっては、既存のシステムをVSDエアコンプレッサに置き換えた場合、奨励金のような形で顧客に特典を提供している電力会社もあります。特典は、通常、エアコンプレッサのサイズを基に計算され、kWまたはHP単位で提供されます。自社がこのような特典を受ける資格があるかどうかは、地域の圧縮空気装置の販売員にお問い合わせください。

空気の監査は一般的にコストがかかり、面倒に思えますが、圧縮空気システムを把握して必要とされる変更を実施できることには、最初の面倒を上回る大きなメリットがあります。

関連記事

エアコンプレッサの交換方法

古くなったコンプレッサを新しいものに交換するのは少し難しそうですが、思ったほどではありません。現在のエアコンプレッサの交換をご検討の方に、どういった点を考慮すべきかをご説明します。

コンプレッサのコスト節減の機会

多くの圧縮空気設備には大きなコスト節減の可能性がありますが、多くの場合それが活用されていません。コンプレッサの運転コストを削減する方法の詳細をこちらでご確認ください。

圧縮空気のコスト

多くの圧縮空気設備では、大きなコスト節約の可能性がまだ利用されていないことが少なくありません。これらの可能性の詳細をご覧ください。