Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

圧縮空気のコスト

Compressor Economy Compressors Compressed Air Wiki

電気的エネルギーは、産業用圧縮空気生産に使用される主要なエネルギー源です。多くの圧縮空気設備には、未利用の大きなエネルギー節約の可能性として、エネルギー回収、圧力低減、漏れの低減の他、制御および調整システムの正しい選択、コンプレッササイズの選択を通じた運用の最適化などがあります。

圧縮空気の生産コスト

圧縮空気の生産コストにはばらつきがある

新たな投資を計画する場合は、できる限り先を見越して、圧縮空気設備に影響する新たな状況や要求のインパクトを評価するのが最善です。代表的な例には、環境面の要求、エネルギー節約の要求、生産に対する品質要件の高まり、将来の生産拡張への投資などがあります。

最適な状態でコンプレッサを稼働できることが特に重要性を増しているのは、圧縮空気を利用している大型産業です。発展段階の産業も生産状況が刻々と変化し、コンプレッサの稼働条件も変化します。したがって、圧縮空気供給源が、現在の要件と将来に向けた開発計画の両方に基づいていることが重要です。広範で偏りのない 運転状況の分析を行えば、必ず全体の経済性が向上することが経験から明らかです。

コンプレッサのエネルギーコストの最小化

エネルギーコストが、設備の総コストに関わる重要な要因であることは明らかです。したがって、性能と品質の要件だけでなく、効率的なエネルギーの活用要件に沿うソリューションの見極めに重点を置くことが重要です。これらの要件を満たすコンプレッサと他の機器を入手することに伴う追加コストは、いずれ正しい投資とみなされることになるでしょう。


エネルギー消費量が全コストの約80%を占めることが多いため、調整システムの選択では注意が必要です。コンプレッサの種類にも大きな差異がありますが、使用可能な調整システムの差異はそれをしのぎます。コンプレッサの全能力が用途の空気消費量にぴたりと一致するのが理想的です。この状況は、各用途で頻繁に起こります。コンプレッサのほとんどの種類には制御・調整システムが搭載されていますが、他のコンプレッサと制御を共有するための機器を設備に追加することにより、運転の経済性をさらに改善することができます。


速度調整はエネルギー節約の可能性が高いため、調整方法として一般的に使用されるようになりました。良い結果を得るためには、慎重に考えて、用途の要件の観点から調整機器を選択するようにしてください。夜間と週末に必要な圧縮空気が少量の場合は、このオフピーク要件に適応する小型コンプレッサを設置すると収益性が向上するでしょう。


何らかの理由である用途に異なる運転圧力が必要となった場合は、この要件を分析して、圧力レベルの違いに従ってすべての圧縮空気生産をコンプレッサ中央プラントに集中させるか、ネットワークを分離するかを見極める必要があります。また、圧縮空気ネットワークをセクションに分割して、特定のセクションを夜間や週末にシャットダウンすることで空気消費量を低減するか、エアフローの測定値に基づいてコストを社内で割り振ることも考えられます。


コストの割り振り

投資コストは、購入価格、インフラ建設コスト、設備、保険を含む固定コストです。全コストに占める投資コストの割合を決定する要因には、圧縮空気の品質レベルの選択と減価償却期間および適用される金利があります。エネルギーコストの割合は、年間の運転時間、負荷/無負荷使用の度合い、単位エネルギーコストにより決まります。エネルギー回収用機器などの追加投資は、運転コストとメンテナンスコストの削減の形で直接の穴埋めとなります。


関連記事

コンプレッサのコスト節減の機会

多くの圧縮空気設備には大きなコスト節減の可能性がありますが、多くの場合それが活用されていません。コンプレッサの運転コストを削減する方法の詳細をこちらでご確認ください。