Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

コンプレッサ設備の寸法決定

Compressors Dimensioning Compressed Air Wiki Compressor Installations

様々なニーズを満たし、運転効率を最大限に高め、将来の拡張に備えた圧縮空気設備の寸法を決めるにあたって、いくつかの決断を行う必要があります。その基礎となるのが圧縮空気を使用する用途や工程です。したがって、他のあらゆる寸法決定作業の開始点として、用途や工程を綿密に計画しなければなりません。検討が必要な項目には、必要要件の計算と評価、予備容量、将来の拡張に備えたスペースなどがあります。

コンプレッサ設備の寸法決定で重要な要因

コンプレッサ設備の寸法決定、設置の仕方。
運転圧力はエネルギー消費量に大きく影響するため、決定的な要因です。場合によっては、圧力範囲が異なる場合には異なるコンプレッサを使用するのが経済的です。圧縮空気の品質は含水量の問題であるだけでなく、大きな環境問題にもなりつつあります。臭いと微生物の含有量は、製品の品質、不合格品の発生、運転環境、屋外環境に影響する重要な要因です。

コンプレッサ設備を集中化すべきか分散化すべきかという問題によって必要な設置面積が変わり、将来の拡張計画にも影響することがあります。経済性と生態学双方の観点から、初期段階でエネルギーの回収の可能性を検討して、投資回収を早めることがますます重要になっています。現在および将来の要件に関して、この種の問題の分析が重要です。これを行って初めて、十分な柔軟性を備えた設備の設計が可能になります。

以下でコンプレッサ設備の寸法決定について、様々な点をご確認ください。

関連記事

how to install a compressor?

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。