Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

空気必要量の計算と測定

Dimensioning Compressor Installations Compressed Air Wiki Compressors

公称圧縮空気必要量は、空気を消費する個々の装置により決まります。これは、接続されるすべてのツール、機械、プロセスの空気消費量の合計として計算し、個々の利用率を経験から見積もります。エア漏れ、摩耗、そして空気必要量が将来変動した場合の追加量も考慮する必要があります。

圧縮空気必要量の計算方法は?

現在と将来の空気必要量を簡単な方法で見積るには、接続装置の空気必要量と利用率をまとめます。この種の計算には、各機械の一覧、それぞれの空気消費量データ、予想される利用率が必要です。空気消費量や利用率のデータが得られない場合は、一覧の標準的な値を使用します。ツールの利用率は推計が難しいため、計算値を、類似した用途で測定した消費量と比較します。たとえば、グラインダやサンドブラスト装置のような圧縮空気を大量に消費する装置を長時間(3~10分)、継続的な運転で頻繁に使用するとします。ただし、全体的な利用率は高くありません。この場合は本当の意味で断続的な運転と見なすことはできません。空気消費量の合計を見積もるために、同時に使用される機械の台数を予測する必要があります。

コンプレッサの生産能力は、基本的に公称圧縮空気必要量の合計により決定します。コンプレッサの自由出力流量で空気消費量を賄える必要があります。計算上の予備能力は、主に潜在的な圧縮空気障害によって生じる生産ロスのコストにより決定します。コンプレッサの台数とそれぞれのサイズを決定する主な要因は、柔軟度、制御システム、エネルギー効率です。圧縮空気を供給するコンプレッサが設備内に1台だけの場合(コスト節減のため)、ポータブルコンプレッサをサービスの一部としてすぐに接続できるよう備えることができます。予備の供給源として使用される古いコンプレッサを、低コストの予備力として使用できます。

空気必要量の測定方法

コンプレッサ空気必要量の測定

運転分析は圧縮空気要件の重要な要素であり、最適な圧縮空気生産量を評価するための基準となります。ほとんどの工業会社は絶えず進化しています。つまり、会社の圧縮空気必要量も変化しているということです。したがって、圧縮空気供給は、現在の状況と、設備の拡張を考慮した然るべき余裕に基づいていることが重要です。

運転分析では運転データを測定します。既存の圧縮空気設備を適切な期間検査してこれを補うことができます。運転分析では、少なくとも1週間の運転を分析し、典型的な状況で関連性の高いデータを提供できるよう、測定期間を慎重に選択します。保存されたデータで様々な測定値とコンプレッサ運転の変化のシミュレーションを行い、設備全体の経済性に対する影響を分析することもできます。負荷時間や無負荷時間のような要素は、コンプレッサの運転の全体的な評価と関連し、1日または1週間の作業にわたる負荷係数と圧縮空気要件を評価する際の基礎となります。このように、コンプレッサ運転時間のメータからは負荷係数を読み取ることはできません。

運転分析は、可能な熱回収の基準も提供します。供給されたエネルギーの90%以上が回収可能なことは頻繁にあります。さらに、分析によって設備の寸法決定と運転方法に関する回答が得られることもあります。たとえば、特定の期間の運転圧力はしばしば削減でき、制御システムを変更して、生産の変更に伴いコンプレッサの使用状況を改善することができます。エア漏れがないのを確認するのも非常に重要です。空気の生産量が少ない夜間や週末の要件に対処する場合は、小型のコンプレッサを設置すべきか検討する必要があります。

以下でコンプレッサ設備の寸法決定について、様々な点をご確認ください。

関連記事

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。

空気流量の調整

圧縮空気を扱う方法とこれらのプロセスで使用するツールには様々なものがあります。圧縮空気流量の調整プロセスの詳細をご覧ください。