Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

運転圧力の計算

Compressors Dimensioning Compressed Air Wiki Compressor Installations

必要となる運転圧力は、設備内にある圧縮空気機器次第です。運転圧力はコンプレッサだけでなく、圧縮空気システムの設計とその配管、バルブ、圧縮エアドライヤフィルタなどによって決まります。機器が異なれば、同じシステム内でも必要な圧力が変わってきます。

圧縮空気機器の運転圧力の計算方法

圧縮空気機器の運転圧力の計算(図)
通常は、最高圧力によって必要設備の圧力は決まり、他の機器には使用ポイントに減圧弁を取り付けます。極端な事例では、これが非経済的で、特殊なニーズに合った別のコンプレッサが解決策となりえます。流量が増すにつれて圧損が急速に増加することもあります。使用量の変化が予想される場合は、設備をその条件に適応させることが効率的です。

フィルタや特殊なダストフィルタは初期圧損は小さいものの、時間が経つと詰まるため、圧損が交換推奨値になった時点で交換します。この要因を計算に取り入れます。コンプレッサのフロー制御も圧力変動の原因となるため、評価に含める必要があります。

次の例を用いて計算を行うことが適切でしょう。コンプレッサが必要圧力を決めるのは、主として最終的な消費用途と、コンプレッサと消費装置間の圧損です。運転圧力は、上記の例に示すように、圧損をシステムに加えることで決定できます。

以下のコンプレッサ設備の寸法を決める際の様々な側面について、詳細をご覧ください。

関連記事

how to install a compressor?

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。

an illustration about economy and compressors for the atlas copco wiki.

コンプレッサのコスト節減の機会

多くの圧縮空気設備には大きなコスト節減の可能性がありますが、多くの場合それが活用されていません。コンプレッサの運転コストを削減する方法の詳細をこちらでご確認ください。

an illustration about compressor installation

圧縮空気の分配

圧縮空気分配網の設計と規模を作成するときは、様々な決定をする必要があります。詳細についてはこちらをご覧ください。