Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

コンプレッサシステムの集中化または分散化

Dimensioning Compressor Installations Compressed Air Wiki Compressors

所定の圧縮空気要件を満たすために、大型の設備1か所に集中化するか、小規模に複数のコンプレッサに分散するかを選択する際には、いくつかの要素が影響します。考慮すべき要素には、生産シャットダウンのコスト、確実な電力の確保、負荷の変動、圧縮空気システムのコスト使用可能な床面積などがあります。

コンプレッサ設備の集中化を選択する理由

コンプレッサシステムを集中化すべきか

コンプレッサの集中化が選択されることが多いのは、複数の場所にコンプレッサを分散させる方法よりも、運転とメンテナンスのコストが低いためです。コンプレッサ設備を効率的に相互接続できれば、エネルギー消費量が減少します。集中化して設置すると、監視メンテナンスのコストは低減し、熱回収の可能性も向上します。コンプレッサの設置に必要な床面積全体も最小限で済みます。フィルタ、クーラなどの補助装置と共通の給気口に最適な寸法を決定でき、防音対策の導入も簡単です。

サイズの異なる複数のコンプレッサで構成されたシステムを集中化して設置すると、連続した制御が可能になり効率性が向上します。1台の大きなコンプレッサでは、効率性を低下させずに圧縮空気需要の大きな変動に対処するのが難しい場合があります。たとえば、1台の大型コンプレッサを使用したシステムが、夜間のシフトや週末のような期間に使用できるよう、小型のコンプレッサで補われていることがよくあります。考慮すべきもう一つの要因は、電源供給上、大型電動モータの起動時の影響です。

コンプレッサ設備の分散化を選択する理由

特定の用途では、複数のコンプレッサを分散させたシステムも適した選択肢となる場合があります。この場合の圧縮空気供給システムはシンプルで小規模になります。コンプレッサ分散化のデメリットは、圧縮空気供給の内部調整や予備の容量の維持が難しい点です。最新のコンプレッサは圧縮空気調整装置(ドライヤ、フィルタなど)と一体化していて、高性能な防音対策も施されており、現場に設置できます。このため、圧縮空気供給コストが削減され、別の建物は不要で、別のコンプレッサ室に拡張する必要もありません。

中間プロセスが一時的に多くの空気を使用してシステム内に大きな圧力損失が発生した場合には、分散化したコンプレッサを利用して圧力を維持することができます。空気消費量のピークが極めて短時間である場合は、代替案として適切な場所にエアレシーバを配置してもこの問題を解決できます。

装置や建物が通常は1つの圧縮空気設備から空気の供給を受け、特定の期間に圧縮空気を消費する唯一の存在である場合は、これらを分離して、分散方式で設置したコンプレッサから空気を供給することができます。このレイアウトのメリットは、漏損や無駄を回避でき、局所的なコンプレッサを少量の需要に対応させられる点です。

以下でコンプレッサ据付の寸法決定について、様々な点をご確認ください。

関連記事

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。

圧縮空気の分配

圧縮空気分配網の設計と規模を作成するときは、様々な決定をする必要があります。詳細についてはこちらをご覧ください。