Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

電力

Compressed Air Wiki Basic Theory Electricity

空気を圧縮空気にするには力が必要です。この力は電気の形で提供されます。ここでは、3種類の電力、有効電力、無効電力、および皮相電力について学びます。力率についても説明します。

有効電力、無効電力、皮相電力とは

電力を示す視覚的な図
有効電力(単位W)は仕事に使用できる電力を言います。電力計では、電圧と同位相の電流成分のみが測定されます。これは、回路の抵抗の中を流れる電流です。無効電力Q(V.Ar)は、「使用できない」電力または「位相が外れた」つまり「擬似」電力であり、仕事には使用できません。ただし、モータで必要となる磁場の発生には使用できます。皮相電力S(V.A)は、有効電力を取り出すために主電源から消費しなければならない電力です。
式で表した有効電力、無効電力、皮相電力
有効電力、無効電力、および配電システムによる熱損失が含まれます。

有効電力、無効電力、および皮相電力の関係は、通常、電力の三角形で表します。

三相スター構成と三相デルタ構成の有効電力は、式(P、Q、S)
三相スター構成と三相デルタ構成の有効電力:

力率とは

位相角は、電流と電圧がどの程度位相から外れているのかを表したものです。力率(PF)と呼ばれる量は、cos φと等しくなります。多くの電力会社が、力率が低く位相の遅れた用途に電力を使用することにペナルティを課しています。皮相電力(有効電力、無効電力、熱損失の和)に対応するために、配電機器、配電機器、および発電機器のサイズを必要以上に大きくしなければならないうえ、消費者への請求は登録された有効電力の消費量(kWh)基づいて行われるためです。多くの場合、力率を改善すると大きなコスト節減につながります。力率は以下の方法で無効電力を低減することにより改善できます。

  • 力率の高い機器を使用する:照明安定器
  • 負荷を一定にし、同期モータを進相力率で使用する
  • 力率改善コンデンサを使用する

関連記事

an illustration about a basic theory article in the atlas copco air wiki

電気の概要

電機の基礎と電気が空気圧縮で果たす役割をご覧ください。基本的な用語と定義の一部。

an illustration about a basic theory article in the atlas copco air wiki

電動モータ

電動モータの基礎と最新のエアコンプレッサでどのように使用されているかをご覧ください。