Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

コンプレッサのコスト節減の機会:メンテナンス

Compressed Air Wiki Compressor Economy Compressors

あらゆる機器と同様に、コンプレッサ設備には何らかの形のメンテナンスが必要です。ただし、メンテナンスコストは他のコストと比較して低く、慎重な計画手法を用いることによりさらに低減できます。選択するメンテナンスのレベルは、圧縮空気設備に必要となる信頼性と性能によって決まります。

メンテナンス

メンテナンスは、コンプレッサの総所有コストのわずか一部にすぎませんが、将来多額の節減を行うことができます

メンテナンスは、総所有コストのごく一部です。設備をどのように計画したか、コンプレッサと補助機器をどのように選択したかによって決まります。機器を完全自動運転で使用する場合には、状態の監視と他の機能を組み合わせ、コンプレッサの中央プラントを監視することによりコストを削減できます。通常、年間のメンテナンスコストは機械の投資額の5~10%です。メンテナンスの総予算は以下の要因により変動します。

メンテナンス計画

コンプレッサのメンテナンスを適切に計画すれば、コストを予測することができ、その結果としてコンプレッサと補助機器の耐用年数を延ばすことができます。小さな不具合を修理するコストも減少し、休止時間が短くなります。

高度な電子機器を多く使用すれば、コンプレッサが診断検査用の計器を装備することになります。これは、コンポーネント部品を最適に利用して、本当に必要なときに交換を行えるということです。コンポーネントの状態の変化が損傷が大きくなる前に早期段階で発見され、最終的な損害と不要な休止時間をなくすことができます。

コンプレッサのサプライヤのアフターサービスとそのスタッフ、スペアパーツを利用することにより、技術的な運転基準を高く保つと同時に、耐用期間中の新たな経験に基づいて変更を加えることが可能になります。メンテナンス要件の評価は、特別なトレーニングを受けた技術者が行い、この技術者が社内の第一線のメンテナンススタッフのトレーニングも行います。リモートの監視機器が検知できないことも現場のスタッフなら見聞きできるため、社内に熟練したスタッフがいることが、日常点検を実行するためにも望ましいことです。

補助装置

たとえば空気品質を高めたり、システムを監視する補助機器などを多く追加することによって、容易に設備を拡張することができます。ただし、補助機器であってもサービスは必要で、メンテナンスコストが発生します(フィルタ交換、乾燥剤の交換、他の機器への適応、スタッフのトレーニングなど)。さらに、たとえば供給ネットワークや製造機器などの二次的なコストも存在します。これは圧縮空気の品質に影響され、オイルとフィルタカートリッジのデポジットコストなどが含まれます。これらのコストのすべてを、新たなコンプレッサへの投資の基準となる所有コストの計算で評価する必要があります。

関連記事

how to install a compressor?

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。

an illustration about an how to article in the atlas copco compressed air wiki.

エアコンプレッサの交換方法

古くなったコンプレッサを新しいものに交換するのは少し難しそうですが、思ったほどではありません。現在のエアコンプレッサの交換をご検討の方に、どういった点を考慮すべきかをご説明します。