Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
軽量建設および解体用機器
取扱製品一覧
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

空気流量の調整

Compressors Compressed Air Wiki Compressor Regulation and Control Compressor Regulation

多くの場合、各用途において圧縮空気システム内の圧力が一定でなければなりません。つまり、コンプレッサセンターからの圧縮空気フローを調整する必要があるということになります。様々なフロー調整方法があります。

流量調整システムのタイプ

様々なタイプの空気流量調整システムがあります

前述のように、コンプレッサのタイプ、許容される圧力変動、空気消費量変動、許容されるエネルギー損失に応じて様々なフロー調整方法があります。エネルギー消費は圧縮空気のライフサイクルコスト全体の約80%を占めます。つまり、調整システムの慎重な選択が必要だということです。その理由は主にコンプレッサのタイプやメーカーによって性能が大きく違うことにあります。


理想的なシナリオでは、たとえばギヤボックスの伝達比を慎重に選択することにより(加工の用途でよく用いられる)、コンプレッサの全生産能力を空気消費量と正確に一致させることができます。多くの用途で使用されている自動調整方式では、圧力が上昇すると流量が増え、結果的にシステムが安定します。例として、空気コンベヤシステム、防氷装置、冷却システムなどがあります。ただし、大半の用途では流量の調整が必要で、通常はコンプレッサに内蔵された調整装置が使用されます。


調整システムには主に2つのグループがあります。


継続的な流量調整では、圧力の変動に応じてドライブモータや入口バルブを継続的に調整します。その結果、通常は圧力の変動が小さくなります(0.1~0.5 bar)。変動幅は、調整システムの増幅と調整スピードによって異なります。


負荷/無負荷の調整は最も一般的な調整方法で、2つの限度値の間で圧力のやや大きな変動が許容される場合に使用します。この方法では、圧力が高いときに流量を完全に止め(無負荷)、圧力が下限まで下がったときに流量を再開します(負荷)。圧力の変動は期間内に許容される負荷/無負荷サイクルの数に左右されますが、通常は0.3~1 barの範囲に収まります。


ダイナミックコンプレッサ調整に関する詳細をご覧ください。


容積式コンプレッサ調整に関する詳細をご覧ください。

関連記事

an illustration about regulation and control for the atlas copco wiki.

ダイナミックコンプレッサの調整

圧縮空気を扱う方法は様々で、これらのプロセスで使用するツールにも多様なものがあります。ダイナミックコンプレッサのエアフローの調整について詳細をご覧ください。

an illustration about regulation and control for the atlas copco wiki.

容積式コンプレッサの調整

圧縮空気の処理方法とこのプロセスで使用するツールには様々なものがあります。容積式コンプレッサのエアフローの調整について詳細をご覧ください。

how to install a compressor?

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。