Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

コンプレッサのライフサイクルコスト

Compressor Economy Compressors Compressed Air Wiki

製品、原料、特定のサービスへの投資を体系的でシンプルに説明して分析するためによく使われる方法が、ライフサイクルコスト(LCC)分析を使用することです。この分析では、取り扱っている製品やサービスのライフサイクルにおけるすべての段階を調べます。この中には、原料の選定から最後の廃棄物の除去やリサイクルまですべてが含まれます。

「ライフサイクルコスト」とは

ライフサイクルコスト分析は、同等の機能を備える様々な製品やシステムなどの購入の選択肢を比較するツールとしてよく使用されます。LCCの結果は、特定のプロセスや特定の製品設計要素に関する問題の指針としてよく使われます。LCC分析は、協力会社、顧客、規制当局に対してシステムの特性を説明する場合にも使用できます。

LCC分析の結果は、製品やサービスが環境に与える影響を最小限に抑えるための意思決定の基礎にもなります。ただし、LCC分析であらゆる質問の回答が得られるわけではありません。そのため、関連する背景資料を得るために品質や利用できる技術など他の側面も調べなければなりません。

コンプレッサのライフサイクルコストの計算方法

管理の必要性が高い場合に、コンプレッサのライフサイクルコストを計算して対応することができます。

LCCの計算が様々な投資選択肢を評価するツールとして使用されることが増えています。LCCの計算には、特定の期間の製品に関する業務で発生した合計コストが含まれています。このコストには設備投資、運転コスト、メンテナンスサービスコストが含まれています。


LCCは計画中の設備や稼働中の設備を基に計算されていることが多く、新しい設備の要件を定義するための基礎となります。ただし、LCCの計算は将来のコストの見積りにすぎず、装置の現状に関する現在の知識に基づいているため限界があり、エネルギー価格の将来的な変化による影響を受けることは指摘しておくべきでしょう。また、生産の安全性やその後のコストなどと同じくらい重要な「ソフト」な価値はLCCの計算では説明されません。


LCCを計算するには、知識が必要です。できれば他の圧縮空気設備を操作した経験があったほうが良いでしょう。購入担当者および販売員と共同で行うのが理想的です。生産の品質、生産の安全性、以降の投資の要件、生産機械と分配網のメンテナンス、環境への影響、最終製品の品質、休止時間や不良品のリスクといった点にそれぞれの投資選択肢がどうに影響するかが重要です。


ここで忘れてはならないのはライフサイクルプロフィット(LCP)です。このLCPは、熱回収や不良品の削減などから得られる利益を表しています。サービスとメンテナンスのコストを評価する場合、計算期間末に予想される装置の状態も考慮する必要があります(フル活用されたと見なされるか、元の状態に戻ったかなど)。さらに、対象のコンプレッサのタイプに計算モデルを適合させる必要があります。第5章の例は、コンプレッサ設備(熱回収ありと熱回収なし)の経済評価モデルとして使用できます。

関連記事

圧縮空気のコスト

多くの圧縮空気設備では、大きなコスト節約の可能性がまだ利用されていないことが少なくありません。これらの可能性の詳細をご覧ください。

コンプレッサのコスト節減の機会

多くの圧縮空気設備には大きなコスト節減の可能性がありますが、多くの場合それが活用されていません。コンプレッサの運転コストを削減する方法の詳細をこちらでご確認ください。

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。