Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

必要なコンプレッサのタイプ

How-To Compressor Types Compressed Air Wiki Choosing an Air Compressor Compressors

エアコンプレッサのサイズが分かれば、次は用途に合ったコンプレッサのタイプを決めます。市販されている選択肢のなかから最も一般的な2つを考えてみましょう。

ご自身に尋ねてみるいくつかの質問

適切なタイプのコンプレッサを選ぶときは、以下の問いを考えてみましょう。


ピストンコンプレッサ

必要なコンプレッサはどのタイプか?ピストンコンプレッサかもしれません。

市販されている製品のなかで最も経済的で価格の安いエアコンプレッサは、ピストン式またはレシプロ式のエアコンプレッサです。このエアコンプレッサは非常にシンプルで丈夫であり、多数の小規模な工場で使用されています。小さな作業場や機械工場、車体工場、タイヤショップ、小規模な製造施設ではピストンコンプレッサをよく見かけます。メンテナンスが比較的簡単で、前述のように投資は最小限で済みます。ピストンコンプレッサは経済的ですが、いくつかの難点があり、決断を下す前に検討すべきです。


ピストンコンプレッサは断続的な使用のみを想定しています。デューティサイクルの約50~60%、つまり、デューティサイクル中に1時間当たり30~35分しか稼働しないということです。ピストンコンプレッサはサイクル間に適切な冷却時間を必要とします。冷却しないと、オーバーヒートしたり故障してしまいます。ピストンコンプレッサでは多くのオイルが流れ落ち、適切に処理しないと圧縮空気を使う機械に損傷を与えるおそれがあることも理解しておく必要があります。最後に、ピストンコンプレッサは運転中の音が大きくなりやすく、コンプレッサの近くで作業をする従業員の負担になる場合があります。


ロータリスクリュコンプレッサ

適しているタイプはロータリスクリュコンプレッサかもしれません。

コンスタントな圧縮空気の供給が必要であれば、ロータリスクリュコンプレッサを検討してください。ピストンコンプレッサとは異なり、ロータリスクリュコンプレッサは最大100%の連続デューティサイクルを必要とする業務に使われており、長期間安定動作します。ロータリスクリュエアコンプレッサはピストン式に代わる優れた選択肢であり、ニーズと予算に応じて様々なタイプが販売されています。そのうちの1つはドライヤを内蔵できるので、クリーンで乾燥した空気を必要とする用途に最適です。

そのうえ、小型のスクリュコンプレッサにタンクを取り付けて貯蔵容量を増やすことができます。これに内蔵ドライヤを搭載して、プラグ&プレイ式で取り付けることができ、施設のスペースが限られている場合や、取り付けコストを節約したい場合に最適です。スクリュコンプレッサは予算に応じて選択でき、狭い範囲のkW/HPで使用可能な基本的な設計から、可変速駆動(VSD)にまでわたり多様です。インバータ(VSD)ユニットは高価ですが、一般的に初期投資はエネルギーの削減で埋め合わせることができます。

インバータ(VSD)コンプレッサはフロー需要が変動するすべての施設に適した選択肢です。特に当てはまるのは、1日が複数のシフトで構成され、フロー需要が1日のうちで変動する場合です。圧縮空気の使用はコストが高く、電気代が総所有コストの70%以上を占めることを考慮すれば、VSD技術を利用することで35~50%を削減できます。コンプレッサのサイズに応じて削減額は年間1万円~100万円、あるいはそれ以上に上ります。インバータ(VSD)エアコンプレッサは必要とされる需要に出力を一致させます。簡単に言うと、コンプレッサは使用されている流量を感知してそれに従って速度を調整し、必要な量だけ出力することができます。生産速度が遅い日、第2シフトや第3シフトのとき、VSD技術は特に便利です。電気の無駄がないので、コストを節約できます。インバータ(VSD)エアコンプレッサは特別なものではなく、標準になりつつあります。多くのお客様は毎年エネルギーを節約し、その資金で他の資産に投資しています。


コンプレッサ購入時のその他の質問

関連記事

ピストンコンプレッサ

空気圧縮の詳細と現在の様々なタイプの容積式コンプレッサについて説明します。ここでは、給油式ピストンコンプレッサとオイルフリーピストンコンプレッサについて述べます。

スクリュコンプレッサ

空気圧縮の詳細と現在の様々なタイプの容積式コンプレッサについて説明します。ここでは、給油式コンプレッサとオイルフリーロータリスクリュコンプレッサについて述べます。