Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

必要なのはオイルフリーコンプレッサか、給油式(潤滑式)コンプレッサか

How-To Compressor Types Compressed Air Wiki Choosing an Air Compressor Compressors

コンプレッサのサイズとタイプが見つかったら、オイルフリーコンプレッサと給油式コンプレッサのうちどちらを選ぶべきかという質問が最後に残ります。答えを複雑にし過ぎないよう、用途および圧縮空気を利用するプロセスを基にして選択してください。

オイルフリーコンプレッサが必要か

オイルフリーコンプレッサと給油式コンプレッサのどちらが必要かを明らかにしましょう。

コンプレッサ選択の最初の手順は、施設のニーズを把握することです。場合によっては油汚染により重大な結果が生じるため、オイルフリーエアコンプレッサが必須条件となります。しかし、製造、産業、小規模な工場の大多数は給油式コンプレッサを使用しています。食品製造施設のような大きな影響がないためです。オイルは、エアコンプレッサ内で、潤滑、シール、そして圧縮空気の冷却のためにも使われています。

オイルフリーの圧縮空気がすぐに必要な場合以外は、給油式スクリュコンプレッサのようなオイル潤滑式装置の方が経済的です。オイルフリーコンプレッサは非常に大きなコストがかかるのです。微量のオイルが圧縮空気に含まれていても、適切な品質のエア製品を使うことで除去できます。結合型フィルタを使用して圧縮空気を0.01ミクロンまで浄化し、さらに活性炭フィルタを追加してクラス1の空気純度近くまで浄化できます。

空気純度のクラスの違いとは

オイルフリーエアコンプレッサは、半導体、医療用機器、紙など様々な繊細な製品を製造する際に使用されています。このような用途では、オイルがたとえ少量でも含まれていれば、製品や人にも悪影響となりえます。「クラス0」と「技術的オイルフリー」は、特定の規格に適合するコンプレッサを示唆するためによく使用されています。これらの用語は似ていますが、重要な違いを考慮していないと、想定外の結果を招く可能性があります。


さらに理解を深めるために、「オイルフリー」という言葉の意味を詳しく考えてみましょう。「オイルフリー」と「オイルレス」は、どちらも圧縮室に潤滑油を使用しないコンプレッサを言い表すために使います。これら2つの用語がコンプレッサのタイプを示すのに対し、「クラス0」と「技術的オイルフリー」はエアが圧縮後にどれくらい清浄かを表します。この2つの用語には重要な違いがありますが、それについてはこの記事で後述します。


国際標準化機構(ISO)は、所有権、工業面、商業面を目的とした国際規格を定めています。圧縮空気にも固有の規格があります。コンプレッサは、最終的な空気純度(粒度の関数、1立方メートル当たりの粒子数で決定される)に応じて、ISOクラス0~5に分類されます。当初のISO圧縮空気純度規格(1991年)は、フィルタメーカーがフィルタメーカーのために作りました。オイル凝縮の等級は5つあり、最高はクラス1でした。


 


ISOクラス1:技術的オイルフリーの空気


クラス1には、1 bar(a) 14.5psiaおよび20℃(68F)における油凝縮が0.01 mg/m3と定められており、この規格に適合していることが時には「技術的にオイルフリーのソリューション」と呼ばれます。ただし、この規格は2001年に改正され、さらに2010年に更新されました。現在の規格には総オイル含有量(エアロゾル、液体、蒸気)の限度が定められており、オイル蒸気の測定に関しては特定の規格が導入されました。 


 


ISOクラス0:オイルフリーな空気 


さらに厳しい品質要件に適合する新しい等級(クラス0)が追加されました。ISOクラス0製品は最も清浄な選択肢で、100%オイルフリーの空気を保証可能です。フィルタ付きのオイル潤滑式コンプレッサを推進している業界の一部は異論を唱え、オイル潤滑式コンプレッサを「技術的にオイルフリー」と呼び、その空気品質はオイルフリーコンプレッサ使用時よりも良いことが多いと主張しています。このような主張は正しくなく、クラス0が必要な状況では過敏な製品や装置に悪影響を与えるおそれがあります。


オイルフリーコンプレッサを選択する場合は、必ず「技術的にオイルフリー」の製品ではなく、クラス0のオイルフリーコンプレッサを選んでください。クラス0のオイルフリーコンプレッサの方が、一般的に最初の価格ポイントは高いのですが、繊細な用途で使用する場合に極めて安全です。クラス0であれば、汚染が最終的に圧縮空気を消費する装置まで絶対に届かず、所有設備が保護されるので安心できます。オイルフリーエアコンプレッサやオイル潤滑式エアコンプレッサを選択する場合のベストプラクティスは、圧縮空気の専門家にアドバイスを求めることです。


コンプレッサ購入時のその他の質問