Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

必要なコンプレッサのサイズ

How-To Compressed Air Wiki Compressor Types Choosing an Air Compressor Compressors

最大の問題は、新型エアコンプレッサの正しいサイズを決定することです。その他の事項と同様に、市販されている新型のコンプレッサは使用されている技術と効率が向上しているため、用途と使用方法を理解して正しいサイズを決定する必要があります。お客様の設備に合わないコンプレッサを選択してしまうと、生産において問題が発生し、無駄なエネルギーが原因となってコストが増加することがあります。

必要な圧力量

お客様の設備に合ったフローと圧力の要件を把握することが、エアコンプレッサを選択する際の鍵となります。圧力フローは、圧縮空気システムの説明において使われる非常に一般的な用語です。


圧力の測定単位は、ポンド/平方インチ(psi)またはbar(メートル法の圧力単位)です。これを単純に言えば、ある時点で特定の仕事量を実行するために必要な力の量ということです。圧力とその働きを分かりやすくするために、木製ブロックをテーブル上で動かすことを考えてみましょう。以下の図から分かるように、75 psiの圧縮空気を使用してもブロックを動かすために十分な力は得られませんが、100 psiの圧力であればこの木製ブロックを意図する距離だけ動かせます。


エアコンプレッサには、与えられたタスク(この場合は木製のブロックを移動すること)の実行に十分な圧力を発生することが求められます。以下の図に示すように、ブロックを動かすには100 psiが必要で、それを下回る圧力ではこのタスクを完了できません。コンプレッサのサイズを適切に設定するには、必要な圧力を把握することが重要です。そうしないと、以下の図のように100 psiより低い圧力では木製のブロックを動かすことも、このタスクを実行することもできず、問題が生じます。

使用しているコンプレッサの適切なエアフロー

自由空気吐出量(FAD)とも呼ばれるフローは、お客様の地域により立法フィート/分(cfm)、リットル/秒(l/s)、または立法メートル/時(m3/h)単位で測定します。端的に言えば、フローとは、許容される時間枠内で継続してタスクを実行するコンプレッサの能力です。必要なフローの量は、与えられたタスクの完了に必要な時間長によって決まります。これを説明するために、先の木製ブロックの例を考えてみましょう。木製ブロックを1時間あたりある距離を移動するタスクに必要なフローは、先の例よりも低く、より小型のコンプレッサと貯蔵タンクを使用して達成できます。コンプレッサは循環を繰り返し、次の木製ブロックを移動する必要が出てくるときに備えて、貯蔵タンクを再充填します。ただし、木製ブロックを与えられた時間枠内で継続して動かす必要がある場合には、より大きなエアフロー(またはcfm)でフローが連続することが必要となり、より大型のコンプレッサが必要です。フローが不十分な場合、このプロセスでは、コンプレッサ貯蔵タンクの圧力が上昇する間、頻繁に休止させることが必要になり、これはコンプレッサのサイズが小さすぎるということを意味します。


最終的に、与えられた用途に対して十分な圧縮空気を供給するには、プロセスが適切に働くために必要な圧力で必要な圧縮空気フロー(cfm)の量を考慮することが重要です。


必要な総フローを確認する方法の1つは、圧縮空気を使用する機器のメーカーに連絡して、必要な情報が記載されているデータシートを要求することです。ただし、フローを正確に測定するには「圧縮空気監査」を実行するのが最善であり、これは圧縮空気の営業担当者が行うことができます。ロータリスクリュエアコンプレッサは、kWまたはhpあたりの吐出フローがピストンコンプレッサより大きくなる傾向があることに留意することが重要です。


まとめると、圧力(psi)は実行する仕事により決まるのに対して、フロー(cfm)では、仕事をどの程度頻繁に実行するのか、またはいくつのジョブを同時に実行する必要があるのかを把握する必要があります。サイズが小さすぎるコンプレッサを選択すると、圧損が生じてタスクを完了できず、コンプレッサのサイズが大きすぎると、将来に機械的な問題が発生し、コンプレッサが故障する可能性があります。既存の用途や新規用途に必要な新しいコンプレッサのサイズをどのように設定すればよいか分からない場合は、必ず圧縮空気の営業担当者に連絡して監査を依頼してください。


コンプレッサ購入時の他の問いかけ