Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
エネルギー貯蔵システム
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

制御システム:ロード-アンロード-停止

Compressors Compressed Air Wiki Compressor Control and Data Monitoring Compressor Regulation and Control

調整システムは高度化しており、ハイスピードの開発によって様々な新しいソリューションが生まれています。リレーシステムはプログラマブル機器(PLC)に取って代わられましたが、現在ではそれもマイクロコンピュータに基づく製品適応型のシステムに変わりつつあります。これらの記事では、一般的な種類のコンプレッサ向けの制御システムと監視システムをいくつか説明しています。ここでは、ロード-アンロード-停止制御について説明します。

ロード-アンロード-停止制御

ロード-アンロード-停止制御の原理
容積式コンプレッサを対象とする一般的な調整の原理は、「空気を生成する」/「空気を生成しない」(アンロード制御)です。空気が必要になると、コンプレッサの入口バルブを全開の位置にする電磁弁に信号が送られます。入口バルブは全開(ロード)か全閉(アンロード)のいずれかです。小型のコンプレッサで一般的になった従来の制御では、圧力空気システム内に圧力スイッチを配置して使用しており、このスイッチに対して2つの値を選択することができます。最小圧力(ロード)と最大圧力(アンロード)です。

次に、コンプレッサが設定された限度内、たとえば0.5 barの範囲で動作します。必要な空気量が非常に少ない場合は、コンプレッサは主にオフロード(アイドリング)モードで動作します。アイドリング時間の長さはタイマにより制限します(たとえば、20分に設定)。設定時間が経過するとコンプレッサが停止し、圧力が最低値まで低下するまで再起動しません。この方法の欠点は、調整が遅いことです。

この従来のシステムから発展したのが、圧力スイッチをアナログ圧力トランスデューサと高速の電子調整システムに置き換えた方法です。アナログへ変換機は、調整システムとの組み合わせにより、システム内圧力の変化の速度を検知できます。次に、調整システムがモータを起動し、適切なタイミングでダンパの開閉を制御します。この方法では、調整を±0.2 barの範囲内で正確かつ高速に行うことができます。

空気を使用しない場合は圧力が一定で、コンプレッサはオフロード(アイドリング)モードで動作します。アイドリング時間の長さは、電気モータが過熱せずに耐えられる最大起動回数と運転コスト戦略により制御されます。これは、調整システムに空気消費量の傾向を分析して、モータを停止するか、アイドリングを継続するかを決定する機能があるからです。

関連記事

an illustration about regulation and control for the atlas copco wiki.

制御システム:速度制御

圧縮空気を扱う方法とこれらのプロセスで使用するツールには様々なものがあります。コンプレッサの制御と速度制御の詳細をご覧ください。

an illustration about regulation and control for the atlas copco wiki.

空気流量の調整

圧縮空気を扱う方法とこれらのプロセスで使用するツールには様々なものがあります。圧縮空気流量の調整プロセスの詳細をご覧ください。