Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
軽量建設および解体用機器
取扱製品一覧
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

制御システム:中央制御

Compressors Compressed Air Wiki Compressor Control and Data Monitoring Compressor Regulation and Control

調整システムは高度化しており、ハイスピードな開発によって様々な新しいソリューションが生まれています。これらの記事では一般的な種類のコンプレッサに対応する制御システムと監視システムをいくつか紹介しています。この記事では中央制御について説明します。

中央制御システム

コンプレッサ設備の集中制御
コンプレッサに関して中央制御という場合、通常はインテリジェントな制御システムを意味します。基本的な要件は、事前に設定された圧力を狭い範囲内で維持し、効率的な運転が可能なことです。そのためには、システム内で起きることを予測すると同時に、コンプレッサにかかる負荷を検知する機能が求められます。まず制御システムが、両方の意味での圧力変化の速さ(つまり時分割圧力)を検知します。さらに、これらの値を用いて計算を実行し、それによって空気の必要量を予測して、たとえばコンプレッサへの負荷の加除や起動/停止を行うことが可能になります。正しく寸法が設定された設備であれば、圧力変動は± 0.2 barの範囲に保たれます。

様々な容量のコンプレッサからシステムが構成されている場合は、最も経済的なコンプレッサかコンプレッサの組み合わせを中央制御システムが選択できることが、運転効率の面から非常に重要です。コンプレッサは、負荷がかかった状態で実質的に連続運転を行い、アイドリング時間を最小限に抑えて、効率を最適にしなければなりません。一般的に、旧式の機械をこれらのシステムに接続すれば、コンプレッサ設備全体を比較的容易な方法で最新化することが可能です。運転の経済性と可用性が高まります。

包括的な制御システムの詳細をご確認ください。

関連記事

an illustration about economy and compressors for the atlas copco wiki.

コンプレッサのコスト節減の機会

多くの圧縮空気設備には大きなコスト節減の可能性がありますが、多くの場合それが活用されていません。コンプレッサの運転コストを削減する方法の詳細をこちらでご確認ください。