Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

制御システム:包括的制御システム

Compressed Air Wiki Compressor Control and Data Monitoring Compressor Regulation and Control Compressors

調整システムは高度化しており、ハイペースの開発によって様々な新しいソリューションが生まれています。これらの記事では一般的な種類のコンプレッサに対応する制御システムと監視システムをいくつか紹介しています。この記事では、コンプレッサ設備での包括的制御について説明します。

包括的制御システムを使用する必要性

コンプレッサ設備での包括的制御が必要です

複数の機械からなるシステムに含まれるコンプレッサでは、運転の協調が必要です。包括的制御システムを有利であることには多くの要因があります。運転時間を複数の機械間に分散させれば、予期しない停止のリスクを低減できます。コンプレッサの点検の計画もより容易になります。運転中に何か起これば、スタンバイ状態の機械を接続できます。マスタ制御システムの最もシンプルで一般的な形態は、広く使用されテスト済みの起動シーケンスセレクタです。

起動シーケンスセレクタとは

このセレクタは運転時間と起動回数を、接続されているコンプレッサ間に分散させます。起動シーケンスは、時間スケジュールに従って手動でも自動でもオンにできます。この基本的なセレクタは、オン/オフ圧力トランスデューサ(コンプレッサあたり1台のトランスデューサ)をシンプルで実用的なソリューションとして使用します。その結果、設備の圧力幅(最大レベルと最小レベル間の範囲)は比較的広くなります。したがって、この種類のセレクタは、2~3台を超えるコンプレッサの制御には使用しないでください。

より高度な起動シーケンスセレクタは同種のシーケンス制御機能を持ちますが、中央に位置するアナログ圧力トランスデューサを1台だけ使用します。そのため、設備の合計圧力幅を10分の数barの範囲に保つことができ、2~7台のコンプレッサを制御できます。この種類の起動シーケンスセレクタは、固定シーケンスでコンプレッサを選択しますが、コンプレッサの容量は考慮しません。したがって、接続されたコンプレッサのすべてが大よそ同じサイズである必要があります。

関連記事

制御システム:中央制御

圧縮空気を扱う様々な方法とこれらのプロセスで使用される各種ツールをご紹介します。この記事では、エアコンプレッサの制御と監視について説明します。

コンプレッサのコスト節減の機会

多くの圧縮空気設備には大きなコスト節減の可能性がありますが、多くの場合それが活用されていません。コンプレッサの運転コストを削減する方法の詳細をこちらでご確認ください。