Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

コンプレッサの配置と最適な稼働条件

Dimensioning Compressor Installations Compressed Air Wiki Compressors

圧縮空気システムの最も大きな部分を置く場所のことを、コンプレッサ室と呼びます。コンプレッサ室は、他の目的で設計、使用されている部屋のこともあれば、コンプレッサを念頭に置いて作られた場所のこともあります。どちらの場合も、コンプレッサ設備を最大限活用するためには、いくつかの要件を満たす必要があります。

コンプレッサの設置場所

コンプレッサの最適な稼働条件、稼働環境におけるコンプレッサ

主な設置ルールは、何よりもまず、集中型のコンプレッサ設備を別に配置することです。経験上、どんな業種であっても集中化を推奨します。とりわけ、運転の経済性向上、圧縮空気システムの設計向上、メンテナンスが容易で使いやすい、不正利用の防止、適切な騒音制御、換気調整の簡素化などの利点があります。

第2に、建物内の他の目的に使用される独立したエリアをコンプレッサ設備に使用できるということです。このような設置には特定のリスクと不都合を考慮する必要があります。具体的には、騒音やコンプレッサの換気需要による妨害、物理的なリスクや過熱リスク、凝縮水のドレン、埃や引火物などの危険な状態、空気中に含まれている有害物質、将来の拡張や整備のしやすさを目的としたスペース要件などです。

ただし、工場や倉庫内に設備を設置すると熱回収が容易です。コンプレッサを屋内に設置するための施設が存在しなければ、屋根のある屋外に設置することもできます。この場合には、特定の問題を考慮する必要があります。すなわち、凝縮水のポケットと排出口が凍結するリスク、給気口の開口部を雨や雪から保護すること、吸引口と換気、必要とされる固さ、平らな基礎(アスファルト、コンクリートスラブ、平らなシングルベッド)、埃のリスク、引火物や有害物質、不正利用の防止です。

コンプレッサの配置と設計

圧縮空気設備は、分配システムを大きな設備内に長い配管を使って配管しやすいように設置する必要があります。ポンプやファンのような補助装置の近くに圧縮空気設備を設置すると、サービスとメンテナンスが容易になります。ボイラ室の近くがよいでしょう。

建物に装備されているリフティング装置は、コンプレッサ設備の最も重い構成部品(通常は電動モータ)を取り扱える大きさで、フォークリフトが出入りできる必要があります。将来コンプレッサを追加して拡張できるように、十分な床面積があることも必要です。場合に応じて電動モータなどを吊り上げることができるよう、天井までに十分な余裕があることも必要です。圧縮空気設備には、コンプレッサアフタークーラエアレシーバドライヤなどからの凝縮水を操作するためのフロアドレンなどが必要です。フロアドレンは自治体の条例に準拠した方法で設置されている必要があります。

コンプレッサ室の基礎

通常、コンプレッサ設備の設置に必要なのは、重量に十分に耐える平らな床だけです。ほとんどの場合、防振機能が設備に統合されています。新しい設備では、フロアの清掃を可能にするために、各コンプレッサパッケージに台座が使用されているのが一般的です。大型のピストンコンプレッサと遠心式コンプレッサには、コンクリートスラブの基礎が必要とされることがあり、岩盤や固い土に固定されます。すべてを装備した高度なコンプレッサ設備では、大きな振動の影響が最小限に抑えられます。遠心式コンプレッサを使用するシステムには、コンプレッサ室の基礎の振動を減衰することが必要な場合があります。

給気

コンプレッサに供給する空気は、清浄で、固体や気体による汚染があってはなりません。埃の粒子は摩耗の原因となり、特に腐食性ガスは損傷を与えるおそれがあります。コンプレッサ空気入口は、通常は防音エンクロージャの開口部にありますが、空気ができる限りきれいな離れた場所に設置することもできます。車の排気ガスによるガス汚染が吸い込んだ空気に混じると致命的です。周囲の空気の粉塵濃度が高い場所では、設備でプレフィルタ(サイクロン、パネルフィルタ、ロータリバンドフィルタ)を使用します。そのような場合、プレフィルタによる圧損を設計時に考慮する必要があります。

給気を冷やすのも有益なため、建物の外から独立したパイプでコンプレッサ内に空気を送るのがよいでしょう。このような目的では、耐腐食性のパイプであること、入口にメッシュを取り付けていること、雪や雨がコンプレッサ内に入り込むリスクを防止する設計であることが重要です。口径が十分な大きさのパイプを使用して圧損をできる限り抑えることも重要です。

ピストンコンプレッサ入口パイプの設計は特に重要です。コンプレッサの周期的な脈動振動数によって引き起こされる音響定在波からのパイプの共振は、パイプとコンプレッサを損傷させ、振動を生じ、低周波数騒音で周囲に不快をもたらす可能性があります。

コンプレッサ室の換気

コンプレッサ室内では、すべてのコンプレッサからが発生します。この熱を排出するために、コンプレッサ室を換気します。換気量は、コンプレッサのサイズおよび空冷式と水冷式のどちらであるかによって決まります。空冷式コンプレッサの循環空気には、電動モータが消費するエネルギーの100%近くが熱の形で存在します。水冷式コンプレッサの循環空気は、電動モータが消費するエネルギーの10%程度です。コンプレッサ室内の温度を許容水準に維持するために、熱を排出する必要があります。コンプレッサのメーカーは、必要な換気フローに関する詳細な情報を提供する必要があります。発熱の問題に対処するための適切な方法は、廃熱を回収し、回収した熱を現場で使用することです。

循環空気は屋外から取り込みます。できれば長いダクトは使用しません。さらに、給気口は可能な限り低い場所に配置します。ただし、冬季に雪に覆われないようにします。埃、爆発物、腐食性の物質がコンプレッサ室に入り込むリスクも考慮する必要があります。換気ファンは、コンプレッサ室のいずれかの端壁の高所に配置し、給気口は反対側の壁に配置します。換気入口の開口部の空気速度は4 m/s以下でなければなりません。

サーモスタット制御方式のファンはこのような場合に最適です。ファンの寸法を決定する際には、ダクトや外壁ルーバーなどの圧損に対応できるようにします。部屋の温度上昇を7~10℃に制限できる十分な換気量が必要です。コンプレッサ室で十分な換気ができない場合は、水冷式コンプレッサを使用できるかどうかを検討してください。

コンプレッサシステムの設置プロセス詳細については、以下をご覧ください。

関連記事

コンプレッサ設備の寸法決定

様々なニーズを満たし、運転効率を最大限に高め、将来の拡張に備えた圧縮空気設備の寸法を決めるにあたって、いくつかの決断を行う必要があります。詳細をご確認ください。

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。

必要なコンプレッサのタイプ

産業用のエアコンプレッサを選ぶときは、検討すべきことが数多くあります。市販されているいくつかのコンプレッサタイプについて紹介し、どれが最も適しているかを考えてみましょう。