Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

コンプレッサ設備内の音

Compressor Installations Sound Compressed Air Wiki Compressors

すべての機械から音と振動が発生します。コンプレッサも例外ではありません。それぞれの騒音レベルは機械が置かれている部屋の特性、たとえば部屋のサイズに影響されます。この記事ではその詳細を説明し、ノイズレベルの低減方法を5つ解説します。音の基礎についてはこちらをご覧ください。

コンプレッサ設備内の騒音

コンプレッサの騒音レベルは、機械上において標準化された方法で測定します(屋外、無壁などの自由音場、または音響インテンシティスキャニング技術を使用)。コンプレッサを部屋内に設置した場合、騒音レベルはその部屋の特性の影響を受けます。部屋のサイズ、壁と天井の材質、同じ部屋に他の機器が存在すること(そしてその潜在的な騒音レベル)すべてが大きな影響を持ちます。

さらに、コンプレッサを室内に配置することでパイプや他の部品の設置と接続が行なわれるため、騒音レベルに影響します。圧縮空気パイプから聞こえてくる音が、コンンプレッサ自体やその動力源から生じる騒音より問題になることも少なくありません。これは、パイプに機械的に伝わる振動が原因であり、多くの場合これに圧縮空気を通じて伝わる振動が加わります。したがって、防振材を取り付け、さらに密封された防振バリアで覆われた吸音素材の組み合わせを使用して配管システムの各部分を収納することも重要です。

音の低減方法

コンプレッサ設備から生じる騒音をすべて低減する

音を低減する方法は5つあります。遮音、吸音、防振、振動減衰、音源の減衰です。遮音とは、音源と音が聞こえる側の間に音響バリアを置くことです。これは、バリアの面積と遮断特性によりますが、音の一部しか遮断されないことを意味します。重く大きなバリアが、軽く小さなバリアよりも効果的です。吸音とは、バリアに取り付けた軽い多孔質の吸音材で音源を囲むことです。薄い吸音材よりも厚い吸音材の方が効果が高く、通常の最低密度は連続気泡ポリウレタンフォームの場合は約30 kg/m3、ミネラルウールの場合は約150 kg/m3です。防振とは、構造物のある部分から別の部分に振動が伝わらないようにすることです。内蔵されている機械から周囲の防振障壁や床に音が伝わることがよく問題になります。防振材に使用される素材の例としては、スチールバネ、空気バネ、コルク、プラスチック、ゴムなどがあります。選択すべき素材と寸法は、振動の周波数と機械設置で要求される安定性により決まります。振動減衰とは、ヒステリリシスの高い弾力性のある素材からなる外部減衰面を構造物に取り付けることです。当てる減衰面が十分厚ければ、バリアの壁により効果的に振動が防止され、その結果として音が放出されません。多くの場合、音源の減衰はその動作の挙動に影響します。効果には限りがありますが、コストの面では実用的なソリューションです。

関連記事

エアコンプレッサの設置

コンプレッサシステムの設置は以前よりも簡単になりました。それでも留意すべき点がいくつかあります。最も重要なのは、コンプレッサをどこに設置するかと、部屋の中でコンプレッサの周囲をどのような配置にするかです。こちらで詳細をご覧ください。

音とは

音のことは誰でも知っていますが、誰もが理解しているわけではありません。すべての機械が音を発生し、コンプレッサからも音が発生します。音とは何であるかを考えてみましょう。

コンプレッサ設備の寸法決定

様々なニーズを満たし、運転効率を最大限に高め、将来の拡張に備えた圧縮空気設備の寸法を決めるにあたって、いくつかの決断を行う必要があります。詳細をご確認ください。