Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

圧縮空気の乾燥:アフタークーラ

Compressed Air Wiki Air Treatment Drying

すべての大気にはある程度水蒸気が含まれています。空気を圧縮すると、水分濃度が上昇します。コンプレッサ設備に将来問題が発生しないように、圧縮空気を扱う必要があります。この記事では、圧縮空気乾燥の最初の手順の1つであるアフタークーラについて述べます。

アフタークーラとは何か?

アフタークーラにより、空気は圧縮した後で冷却します

アフタークーラとは熱交換器で、高温の圧縮空気を冷却して水滴にすることで、配管システム内での凝縮水発生を防止します。アフタークーラは水冷式または空冷式で、通常は水分離器とオートドレンを装備し、コンプレッサの近くに配置する必要があります。水滴になった凝縮水の約80~90%はアフタークーラの水分離器に収集されます。アフタークーラを通過した後の圧縮空気の温度は、一般的にクーラントの温度よりもおよそ10℃高いのですが、この値はクーラのタイプによって異なります。アフタークーラは設置型設備のほぼすべてに使用されています。ほとんどの場合、最新のコンプレッサはアフタークーラを内蔵しています。

関連記事

an illustration about air treatment for the atlas copco wiki pages

圧縮空気の乾燥が重要な理由

圧縮空気システム内での問題発生を防ぐには、出力空気を乾燥させることが非常に重要です。乾燥が必要な理由とその方法の詳細をご覧ください。

quality of compressed air

圧縮空気の品質

圧縮空気システムを設置するときは、様々なニーズを満たして適正な空気品質が得られるよう数多くの決定を行う必要があります。

the contaminants in compressed air

圧縮空気に含まれる汚染物質とは

圧縮空気には水蒸気やオイルなどの有害な汚染物質が含まれていることがあるため、適切な品質の空気を供給するためには、圧縮空気システムを設置するにあたっていくつかの決定を行う必要があります。