Our solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

コンプレッサ業界の該当する規格と規制

Compressed Air Wiki Basic Theory

他の多くの工業分野と同様に、圧縮空気分野は規制の対象となっています。この規制には、法律により定められた要件だけでなく、国家規格と国際規格については任意の規定や推奨事項が含まれる場合があります。


業界標準

規格と規制

場合によっては、規格に定められた規則が法律で施行されると拘束力を持つことがあります。そのため、商業契約で規格が言及されている場合には、拘束力を持ちます。拘束力のある規制は、たとえば人と資産の安全性などが対象ですが、任意規格は仕様、品質の選択、測定の実行と報告、図面の作成への対処を容易にするために使用されています。

国際的な標準化のメリットは、メーカーにとっても、エンジニアリング企業や最終顧客にとっても明らかです。製品やシステムの互換性が高まり、性能の記述を同じ条件で比較することが可能になります。

規格は、市場に対する影響が均一になるように法律において頻繁に言及されています。規格は、国、超国家(欧州)、国際といったレベルの標準化機関だけでなく、特定の業界分野(石油業界、圧縮空気業界、エレクトロニクス業界など)の特定の業界団体によって作成、発行、管理されている場合があります。

国際標準化機構(ISO)により作成された規格は、ISOの参加国の裁量によって国家規格として採用される場合があります。欧州標準化会議(CEN)により策定された規格は、30のメンバー国での使用を目的に作成されており、整合規格の場合は国家規格として採用することが義務づけられています。

規格はすべて、様々な国家標準化組織から入手することができます。
圧縮空気業界では、PNEUROP(圧縮空気機器、真空ポンプ、空気圧ツール、および関連機器メーカの欧州委員会)またはそれに対応するCAGI(United States Compressed Air and Gas Institute)などの業界団体により作成されることもあります。このような規格の例としては、国際規格の作成を待っている間に発行されたコンプレッサ容量、圧縮空気の含油量の性能測定規格などがあります。

策定

圧縮空気業界内の規格一覧(2010年)は以下のとおりです(すべてを網羅しているわけではありません)。記載されている参照文書は欧州と米国の両方です。通常、Pneurop規格の作成は米国市場に対するCAGIの発行と並行して行われます。特定の市場要件/要請で日付が記載された版が参照されていなければ、発行機関に問い合わせて最新版が使用されていることを確認するようお勧めします。


機械の安全性

EU機械指令2006/42/EC、参照されている規格は以下のとおり:



圧力機器の安全性

EU指令87/404/EC、簡易圧力容器

EU指令97/23/EC、圧力機器、参照されている規格は以下のとおり:



環境

EU指令2000/14/EC、屋外騒音放射、参照されている規格は以下のとおり:



電気安全

EU指令2004/108/EC、電磁両立性、参照されている規格は以下のとおり:



EU指令2006/95/EC、低電圧機器、参照されている規格は以下のとおり:



医療機器、一般

EU指令93/42/EC、参照されている規格は以下のとおり:



標準化

ISO 3857-1:1977、コンプレッサ、空圧ツール、および機械 - 用語 - 第1部:全般事項


ISO 3857-2:1977、コンプレッサ、空圧ツール、および機械 - 用語 - 第2部:コンプレッサ


ISO 5390:1977、コンプレッサ - 分類





仕様および試験

ISO 1217:2009、容積式コンプレッサ – 受入試験


ISO 5389:2005、ターボコンプレッサ - 性能試験規則


ISO 7183:2007、圧縮空気ドライヤ - 仕様および試験


ISO 12500:2007-第1~3部、圧縮空気用フィルタ – 試験方法


ISO 8573-第1~9部、圧縮空気 - 汚染物質および清浄度分類 – 試験方法


 


関連記事

SI単位系

SI単位系はコンプレッサに関する記述で広く使用されています。こちらでSI単位系の詳細をご覧ください。

圧縮空気とは

圧縮空気は私たちの周囲のいたるところにありますが、そもそもどのようなものなのでしょうか。圧縮空気の概要とコンプレッサの基本的な働きをご紹介します。