アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
ソリューション
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
軽量建設および解体用機器
取扱製品一覧
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

基本理論

The difference between gauge pressure and absolute pressure

Deciding whether you need to measure gauge pressure or absolute pressure is important. If you choose the wrong reference your measurements could be off by 1 bar which can be a significant error depending on the situation

Gauge pressure

Gauge pressure is the most commonly used pressure reference because it uses the atmospheric pressure as a base value and any type of chamber will equalize with the pressure in the atmosphere when vented. This means that it is not necessary to subtract the atmospheric pressure to measure the change in pressure, which makes it the natural reference point for the majority of processes and test procedures. Gauge pressure, also called effective pressure, is generally signified by barg and psig (or bare and psie).

Absolute pressure

Absolute pressure is less used as a pressure reference because it will always be referred to a perfect vacuum or zero pressure. That is why the applications where absolute pressure is used as a measurement are often more specialized. Absolute pressure is commonly signified by bara or psia.

When to measure what?

Generally, if you want to measure any type of pressure that is influenced by the pressure in the atmosphere you use gauge pressure as a reference to see the total pressure minus the atmospheric pressure. This is used for example to measure the output of pressure of air compressors.
If you want to measure pressures that are not influenced by the atmospheric pressure you use absolute pressure as a reference. An example would be leak testing a sturdy and completely sealed container.

The difference between bar gauge and bar absolute is always equal to the atmospheric pressure.