Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

過圧縮による圧縮空気の乾燥

Compressed Air Wiki Air Treatment Drying

大気には必ずある程度の水分が含まれています。空気を圧縮すると、水分濃度が上昇します。コンプレッサ設備に将来問題が発生しないように、圧縮空気を扱う必要があります。この記事では、過圧縮による圧縮空気の乾燥について説明します。

過圧縮とは

過圧縮は乾燥技術

過圧縮は、おそらく最も容易な圧縮空気の乾燥方法です。まず、意図する運転圧力より高い圧力まで空気を圧縮すると、水分濃度が高くなります。その後、空気を冷却すると水が分離します。最後に、この空気を運転圧力まで膨張させ、その結果としてPDPが下がります。ただし、この方法はエネルギーの消費量が大きいため、空気の流量が極めて低い場合にのみ適しています。

関連記事

an illustration about air treatment for the atlas copco wiki pages

圧縮空気の乾燥が重要な理由

圧縮空気システム内での問題発生を防ぐには、出力空気を乾燥させることが非常に重要です。乾燥が必要な理由とその方法の詳細をご覧ください。

quality of compressed air

圧縮空気の品質

圧縮空気システムを設置するときは、様々なニーズを満たして適正な空気品質が得られるよう数多くの決定を行う必要があります。

an illustration about air treatment for the atlas copco wiki pages

圧縮空気から汚染物質を除去する方法

圧縮空気システムを設置するときは、適正な空気品質が得られるよう数多くの決定を行う必要があります。水蒸気やオイルなどの有害な汚染物質を出力空気から除去する方法を見てみましょう。