アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

グリーンプロダクト

グリーンエネルギーのコスト低減についての詳細 - どのくらい省エネになるのでしょうか?

環境に優しいコンプレッサはコストを削減します。使用するエネルギーを大幅に削減することで、圧縮空気の生産コストを削減できます。また、これらのエネルギーコストはコンプレッサの総所有コストの大半を占めるため、これらのコスト削減はエネルギーコストに大きく影響する可能性があります。 

しかし、グリーン化することによる、ビジネスのコスト削減の程度を正確に計算する方法があるのでしょうか?これは、エネルギー効率の高いコンプレッサの初期購入価格が高くなることを懸念している中小企業にとって、特に重要な問題です。彼らにとって、「安全な」オプションは、大量の電気代を発生させても、古いコンプレッサを使用し続けることであるように思えるかもしれません。 

しかし、グリーン化にシフトした企業がライバル企業に対してずっと優位な状況を享受している中で、古いテクノロジに固執するのは危険です。実際、環境に優しいテクノロジに切り替えないと、生産プロセスに不確実性をもたらすため、リスクが高くなります。

グリーンエアコンプレッサは安定性をもたらします。企業は、エネルギー価格の大きな変動にも左右されにくくなることから、圧縮空気の生産コスト削減が保証されるだけでなく、高い信頼性、メンテナンス間隔の長くなること、現在および今後の排出ガス基準への準拠も保証されます。    

具体的な節約額を判断するための支援を得る

ほとんどの場合、グリーンコンプレッサへ切り替えることによる直接的、および間接的な節約とメリットは大きく、特に、エネルギーコスト削減の結果として、圧縮空気の生産コストが削減されます。 

具体的な数値は、企業の圧縮空気のニーズや選択するコンプレッサの種類などの要因によって異なります。これらの情報をもとに、アトラスコプコの専門家が、グリーンエアコンプレッサを購入すると、企業がどれだけのコストを削減できるかを計算します。 

圧縮空気システムをより効率的にします

Smartlink efficiency and uptime

グリーン化するということは、新しいコンプレッサを購入することだけではありません。既存の圧縮空気ネットワークを最適化すると、通常、二酸化炭素排出量と圧縮空気のコストを削減する選択肢が複数になります。圧縮空気システムには注意と配慮が必要です。それを怠ると、非効率になり、コストがかかる場合もあります。 


そのため、縮空気システムを慎重に監視して制御する必要があります。簡単な例として、作動空圧の例をあげます。圧力が高いほどエネルギー使用量が増え、生産コストが高くなります。平均、1 bar圧力が上がると、必要な電力は平均で8%増加します。瞬く間にコストが上がってしまいます。



多くの企業は、エアシステムで圧力降下がある場合、単に作動空圧を上げるという誤った対処をします。これは簡単な解決策に思えますが、高くつく解決策で、圧縮空気のコストがすぐに増加します。 



たとえば、8 barの圧力で2ミリメートルの漏れが発生すると、年間数千ドルのコストがかかる可能性があります。そのため、圧力降下の原因を調査することが重要になります。漏れの原因には、寸法不足のパイプシステム、古い機器、フィルタの詰まりなどがあります。 


つまり、作業者は、実際に必要な圧力とシステムの圧力が失われる可能性がある場所を常に把握しておく必要があります。原則として、圧縮空気ネットワークは、コンプレッサと空気を使う最も遠い機器との間の圧力損失が0.1 barを超えないように設計する必要があります。



それ以外のものは、会社の電気代にすぐに反映されます。圧縮空気システムを管理する良い方法は、効率、可用性、信頼性を監視する最先端のマスタ制御システムを使用することです。これは、問題を検出するだけでなく、夜間や週末などの空気需要が低いときに、作業圧力を自動的に低下させて、コストを削減します。 


コストを削減するもう1つの方法は、圧縮空気ネットワークにエネルギー回収システムを追加することです。コンプレッサが使用するエネルギーの90%以上を熱の形で回収でき、他の場所で使用できます。その結果、このようなシステムへの投資は、多くの場合、3年以内に回収できます。



ほとんどすべての圧縮空気ネットワークは改善できる、特に、最先端の機器や最先端のコントローラを使用していない圧縮空気ネットワークは改善できる、ということを留意してください。さらなるコスト削減についての詳細は、アトラスコプコのセールスエンジニアにお問い合わせください。グリーン化による貴社のメリットをご確認いただけます。


省エネによる環境への影響を確認する

手順1:通貨と単位を選択します

手順2:年間稼働時間、システム電力、1時間あたりの電気代を入力します

手順3:省エネ率を選択します 

1 barの空気圧幅の削減:7%
固定速度からVSDへの変更:35%
固定速度からVSD+への変更:50%
エネルギー回収システムの設置:94%

手順4:経時的な省エネ率を表示する年数を選択します

電気代とCO2排出量の削減の試算を見てみましょう。具体的に分かりやすくするため、充電したスマートフォンからのCO2排出量や家庭の年間電力使用量など、より一般的な比較対象を使用してCO2排出量の削減率を視覚化しました。