エアフローを最適化する中央制御装置

圧力幅が狭まると、システムが安定化し、エネルギーコストが削減されます。

お問い合わせ

圧力幅を狭く設定

最新の中央制御装置Optimizer 4.0は、すべてのコンプレッサとドライヤをリンクし、圧力幅全体を低下させます。圧力が安定すると、生産品質が向上します。

エアの需要をモニタリング

Optimizer 4.0は、最適な機器の組み合わせを選択して、最も効率的な方法で必要なエアを供給します。

省エネ

効率的なコンプレッサ室制御によりメリットが得られ、エネルギー消費を最適化します。

中央制御装置なしで複数のコンプレッサを稼働させるとどうなりますか?

中央制御装置を使用しない場合、各コンプレッサの負荷/無負荷圧力を設定することで、エア需要の変化に対応することができます。システムの圧力が低下すると、もう一台のコンプレッサが負荷に切り替わります。ただし、このシーケンスは常に同じになり、可変速駆動のメリットが完全には得られなくなります。その結果、必要以上に圧力が上がると、無負荷での運転が多くなり、エネルギーコストが急上昇します。

コンプレッサの負荷分散はどのように行われますか?

中央制御装置は、コンプレッサの不均等な消耗を防ぐように設定できます。複数台の稼働時間を均等化して、効率的なサービススケジュールを可能にします。

Optimizer 4.0で圧縮空気の吐出を最適化

中央制御装置は、コンプレッサの不均等な消耗を防ぐように設定できます。複数台の稼働時間を均等化して、効率的なサービススケジュールを可能にします。詳しくは、今すぐアトラスコプコの担当者にお問い合わせください。

Download
  • Optimize your energy consumption 912.1 kB, PDF
  • Why the Optimizer 4.0 helps to match your changing air demand 378.2 kB, PDF

お客様事例