アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
サービス
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
コンプレッサ レンタル
ソリューション
資料
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
サービスおよびパーツ
製品とソリューション
ソリューション
ガス発生装置
Marine compressors
ドリル

コーポレートコミュニケーション部門のドミトリー・コバレフをご紹介します

ドミトリー・コバレフは、モスクワのアトラスコプコでホールディングコーポレートコミュニケーションマネジャーとして専門職者の道をスタートしました。ドミトリーは最近、グループのコーポレートコミュニケーション部門のソーシャルメディアマネジャーとしてのポジションを任されています。   

ドミトリー・コバレフ - グループのコーポレートコミュニケーション部門ソーシャルメディアマネジャー

アトラスコプコでの勤務年数:2年半

経歴:電気通信分野で8年の経験。カスタマーサービスから徐々にコミュニケーション部門に携わる

学歴:言語学(2010年卒業)および世界経済学(2012年卒業)の学士

現在の職務:アトラスコプコグループのソーシャルメディアマネジャー

国籍:ロシア

趣味:以前は映画やTVドラマシリーズを見ることであったが、現在は生まれたばかりの娘を見ること。できるだけ娘の成長に関わろうとしている。 

アトラスコプコについてどのような話を聞いていましたか?

「正直に言うと、2018年1月まではアトラスコプコについて知りませんでした。義理の両親が建設ビジネスに関わっており、アトラスコプコ製品を所有していたのに不思議です。ですから、私が就職しようとする会社について話すと、彼らはとても喜んでいました。会社について調べ始めてから、アトラスコプコの長く豊かな歴史、社風、そして数多くの産業との関わりにとても感心しました。もちろん、アトラスコプコサウルスという恐竜の話も、私にとっては魅力的でした」ドミトリーはこう語っています。  

アトラスコプコでの経歴について教えてください。

ドミトリーは、2018年にホールディングコーポレートコミュニケーションマネジャーに就任した際、故郷からモスクワに引っ越したことを話してくれました。彼の故郷はモスクワから南へ1000 km離れた場所にあります。「この2年間、多くのことを体験し、新しい人々に出会い、多くの新しいチャレンジを経験してきました。周りにいる情熱的な人々のおかげで、自分が専門職者として成長していると感じています」 

ロシア/中央アジアおよび中欧/東欧の2つの地域のコーポレートコミュニケーションを担当することは、把握するべき多くの業務や国があることを意味していました。その職務に就いて2年後、ドミトリーは新たなチャレンジを探し始めました。「2020年3月、偶然にもコロナウイルスが世界的に流行し始めた直後に、私はグループコーポレートコミュニケーションチームのソーシャルメディアマネジャーのポジションへの応募を決意し、そのポジションに就いたのです」ドミトリーはこう付け加えました。  

アトラスコプコで働く中で、一番喜びを感じることは何ですか?

「世界中の多くのすばらしい人々と仕事をすることです。また、私たち全員が専門的能力を開発する責任を担っているという、アトラスコプコの原則もそうですね。これは短い言葉かもしれませんが、ここで働くことの最大のメリットの1つを言い表しています。目標はあるのですが、どのような方法で、どのようにそれを達成するかは個人に任せられているのです」ドミトリーはこう語っています。 

あなたの原動力は何ですか? どのようにモチベーションを高めますか?

「学ぶことです。この2年間で多くのことを学び、それが専門職者として成長するのに役立っていると感じています。これだけ多くの新しいデジタルツールや学習プラットフォームがありながら、新しいことを学ばないのは、罪になりますね」彼はこう述べています。

ドミトリーは最後に次のように語ってくれました。「ピアノを弾けるようになりたいといつも夢見ているなら、やってみることです。学ぶことで新しい可能性が開かれ、新たな課題を乗り越えるためのツールが得られるのです。『今日できることを明日に延ばすな』という諺があります。ですから、今日、一歩踏み出して新しい何かを見つけるのです。きっとそうする価値があります」