アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

VSDの説明

VSDエアコンプレッサがどのようにしてエネルギーを節約し、圧縮空気流量を需要に合わせることでコストを削減するかをご説明します

エキスパートに連絡する VSDコンプレッサの詳しい説明

ほとんどの産業用途では、圧縮空気の需要は変動します。アトラスコプコの可変速駆動(VSD)付きエアコンプレッサは、コンプレッサの動作速度を自動的に調整し、需要に合わせてリアルタイムに空気を生成して、エネルギーの大幅な節約を実現します。その仕組みはどうなっているのでしょうか?

VSDコンプレッサのエネルギー

モータ


VSDはインバータ機能を利用してコンプレッサの速度(RPM)を調整します。全電力がACモータに直接供給され、モータが常に全能力で動作する従来型と異なり、インバータは、空気需要を満たすために必要な特定の電圧をVSDコンプレッサに供給するので、エネルギーを節約できます。
ロータリスクリュ

エレメント


VSD技術は、ロータリスクリュコンプレッサに最適です。ロータリスクリュコンプレッサの流量と消費電力は、ほぼ速度に比例します。そして、モータが空気需要を反映して速度を変化させると、ロータリスクリュエレメントが同期して調整され、提供される圧縮空気の量が需要に合うようになります。(VSDと固定速度の両方を備えたアトラスコプコのロータリスクリュコンプレッサは、給油式とオイルフリー式が用意されています。また、さまざまなサイズを備えており、実用上のあらゆる用途に対応することが可能です)。
Elektronikon Touch

頭脳


アトラスコプコのVSDコンプレッサのモータ速度は、周波数インバータとElektronikon®と呼ばれるオンボードコントローラで制御されます。また、センサがシステムの圧力を継続的に測定し、システムは実際の空気需要に合わせてモータ速度を調整します。

VSDコンプレッサが適している場合

圧縮空気の需要が変動する作業では、VSDエアコンプレッサが空気需要に合わせてモータ速度を自動的に調整し、エネルギーの大幅な節約を実現します。対して、従来の固定速度エアコンプレッサは常に全能力で動作します。このため、エアプロセスに必要な空気流量が最大量を下回る場合、大量のエネルギーが浪費され、無駄になってしまいます。

VSDコンプレッサが適さない可能性がある場合

VSDコンプレッサは、最高速度での連続運転を想定して設計されていません。インバータのスイッチング損失により、他の点では同等の固定速度コンプレッサに比べ最高速度でのエネルギー効率が低下します。

VSDコンプレッサはお客様に適していますか?

専門的な空気監査は、お客様固有の用途に最適なコンプレッサと制御方法を明らかにするのに最良の方法です。これらの監査は、圧縮空気装置の実装を専門に扱う企業(アトラスコプコを含む)が実施いたします。

2台の可変速機の比較

  • 吐出空気量(FAD)とVSDを比べることはあまり意味がありません。これは速度の問題になります。比較のほとんどは、FADの機能における特定のエネルギー消費量のグラフで行うことができます。消費電力が最も低いユニットは、お客様のプロファイルによって異なる場合があります。
    • ユニット1:最大エア消費量 > 150 l/s
    • ユニット2:最大エア消費量 < 150 l/s
  • エネルギー消費プロファイルが大きく異なる場合は、サイクル損失も(無負荷サイクルの場合は無負荷電力も)重要になります。サイクル損失の量を減らすには、ターンダウン比を大きくすることが重要です。

こちらのビデオでVSDの詳細をご覧ください

エネルギー効率の高い圧縮空気製造のために、お客様にとって最適なソリューションについてエアシステムの専門家にお問い合わせください。